待機時間2日、ドナー身元不明、どうして闇の臓器移植は続くのか ある医療従事者の告白

2016/09/08 23:03

 中国国内に居住するある中国人医療従事者が、大紀元の取材に対し天津第一中心医院の東方臓器移植センターに勤務していた時の体験談を詳細に語った。同氏によると、中国移植手術医は日本で技術を学んでいるという。日本も、闇に包まれた中国の臓器移植産業の発展に、間接的にかかわっているといえる。 

あらゆる手段を講じて、臓器売買を推進する中国共産党の実態

 私は中国国内に住んでいる者です。かつて天津第一中心医院の東方臓器移植センターに勤務しており、たくさんの臓器移植患者に接していました。

 私が天津市第一医院7階の臓器移植センターでの仕事を紹介されたのは、今から数年前のことです。当時、中国は国を挙げて臓器移植を希望する大勢の外国人患者を受け入れていました。移植患者が多かったため、この病院は東方臓器移植センターとも呼ばれており、現在でもアジアで最大規模の臓器移植センターです。

 臓器移植に関するやり取りは、完全に裏社会のブラックボックスの中で行われていましたが、そこにはいくつかのルートがありました。

 1つは、仲介業者を利用する方法です。

 韓国のある大病院に、博士号を持つ著名な医師がいますが、この医師と朝鮮族の中国人男性が連絡を取り合い、臓器移植が必要な患者をこの仲介業者に紹介し、仲介業者はコネを使って患者を病院へ送っていました。実は、当時の臓器移植は国と国の間の取り決めに基づくのではなく、裏社会の仲介業者らが互いに取り仕切っていました。

 2つ目は、海外から医師を招へいすることです。

 移植手術を執刀する医者が不足していたので、中国のある病院では高額の報酬を出して韓国人医師を呼び寄せました。この医師は同僚の中国人医師に、自分は韓国と中国両方の国籍を持っていると話していました。この二重国籍を持つ韓国人医師の手が、いったいどれだけの中国人の血にまみれているのか、知るすべはありません。

 3つ目は、有名人による広告を出して患者を騙し、手術へと誘導する方法です。

 多くの韓国人患者から、傅彪という中国人俳優の出演している(移植手術の)コマーシャルを見て中国に来たと聞かされました。中国では有名なこの映画俳優は、2004年8月26日、北京309医院で末期の肝臓がんと診断されましたが、わずか一週間で臓器提供を受け、9月2日には北京武警総院移植研究所で肝臓移植の手術を受けたのです。執刀医の沈中陽医師は、北京武警総院移植研究所と天津東方臓器移植センターという、2つの移植医療機関の責任者でした。翌年の4月28日、沈医師は肝臓がんを再発した傅彪氏に、天津東方臓器移植センターで2回目の肝臓移植手術を行いましたが、約4カ月後の8月30日、まだ42歳だった傅彪氏は、回復することなく亡くなってしまいました。

2回目の肝臓移植手術前、俳優の傅彪さん(向かって右)が、
他の入院患者と握手(広州日報スクリーンショット)

 傅氏は2度の肝臓移植手術を受けましたが、1年しか生きられませんでした。ですが傅氏が亡くなって1年後の2006年、一部の韓国人患者は、まだ傅彪氏の移植手術のコマーシャルを見て中国に来ていました。彼らは傅氏がすでに亡くなったことを知らなかったのです。中国人ならだれもが知っていたことでした。これは、中国共産党が肝移植を望む世界中の患者に対して行った、あまりにもひどい詐欺行為です。

 その後、ある人物からの手掛かりによって、傅彪氏に提供された2つの肝臓は、山東省の法輪功学習者から摘出されたものだったことが分かりました。彼らは沈医師によって、生きたまま肝臓を摘出されたのです。2002年から2005年の3年間に、生きている法輪功学習者からの臓器摘出数がピークに達しました。ある記述により、沈医師が生存中の人間から肝臓を摘出し移植する「実験」によって、多くの人が殺されたことが明らかにされています。

関連特集

編集部からのおすすめ
注目記事
^