印刷版   

8月23日、カナダで8例目のBSE感染が確認された。写真は7月、カナダ・マニトバ州の牛(2006年 ロイター/Shaun Best)

カナダ、8例目のBSE感染を確認

 カナダ食品検査局は23日、アルバータ州産成牛のBSE(牛海綿状脳症)感染が最終検査で確認されたと発表した。

 国内産の牛で初めて感染が見つかった2003年から8例目となる。

 牛の推定年齢は8─10歳。検査局は年齢からみて、この牛は1997年の飼料規制前または直後に感染したとみられるとしている。

 食品安全当局は、現在この牛が生まれた農場の特定作業を行っているが、この牛の体の部位は食品流通にも飼料流通にも乗っていないと述べた。



[ロイター23日=ウィニペグ(カナダ・マニトバ州)]

 (06/08/24 13:48)  





■関連文章
  • カナダ独立調査団:法輪功学習者対象の中国における臓器狩りの告発に対する調査報告(その(06/08/09)
  • カナダ政治家、英議会で中国臓器狩りを非難(06/07/20)
  • カナダ独立調査団:法輪功学習者対象の中国における臓器狩りの告発に対する調査報告(その(06/07/20)
  • カナダ独立調査団:中国における法輪功学習者対象とした臓器狩りの告発に関する調査報告((06/07/17)
  • 香港・大陸学者ら、中国臓器狩りのさらなる調査を支持、国際社会に呼びかけ(06/07/17)
  • 法輪功学習者の臓器狩り事件、新たな独立調査団を設立=韓国(06/07/17)
  • 中国「臓器狩り」報告書の衝撃、カナダ政府も調査検討(06/07/16)
  • カナダ当局、アルバータ産乳牛をBSE検査中(06/07/11)
  • カナダ独立調査団、中共当局による「臓器狩り」4万件余を指摘(06/07/11)
  • 法輪功学習者を対象にした中国の臓器狩りで、カナダ法政界関係者、調査報告書を発表(06/07/10)
  • カナダ当局:狂牛病(BSE)再発生、感染例を確認(06/07/06)
  • 生きた囚人の臓器狩り、証拠付き調査報告公開を予告=カナダテレビ局(06/07/05)
  • 中国系 カナダ人男性、中国への強制送還で処刑の危機(06/07/01)
  • カナダ情報局:中共はスパイ活動の本拠(06/06/27)
  • 焦国標氏、カナダ独立調査団に期待、「人間として然るべき姿を示そう」(06/06/21)