<写真>2時46分に手を合わせる 東日本大震災から11年

2022/03/11
更新: 2022/03/11
コメント

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から11日で11年を迎えた。東北地方を中心に各地では犠牲者追悼式典が行われた。引き続き行方不明者の捜索活動が行われている。

全国の各自治体は地震が発生した午後2時46分に合わせ、犠牲者を悼み、被災地の復興を祈る1分間の黙祷を呼びかける行政無線放送を流した。

午後2時46分に、東京の銀座地区で1分間の黙祷を捧げる人々 (Photo by Yuichi Yamazaki/Getty Images)
黙祷の間、2時46分を示す銀座四丁目の和光本店の時計台。弔意を表す半旗が翻る(Photo by CHARLY TRIBALLEAU/AFP via Getty Images)
岩手県宮古市で海に向かい静かに手を合わせる人々(Photo by STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
宮城県南三陸町で、地震と津波の犠牲者に黙祷を捧げる警察官 (Photo by STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
東日本大震災で被災した福島県浪江町の学校を訪れる高校生たち(Photo by STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
福島県双葉町では追悼と復興を祈るキャンドルナイトが行われた(Photo by JIJI PRESS / AFP) / Japan OUT (Photo by STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
佐渡道世