印刷版   

中国はドル建て準備資産をめぐる問題に直面=オランダ中銀総裁

 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるオランダ中銀のウェリンク総裁は31日、中国にとって、拡大しているドル建て準備資産が問題になりつつある、との認識を示した。

 ウェリンク総裁は、輸出主導の経済成長を維持するために人民元の上昇を抑えることは中国の利益にかなうことだとした上で、仮に中国が人民元の上昇を容認し、米ドルが下落すれば、保有する米ドル建ての準備資産の価値が減じるリスクが生じることになる、との認識を示した。

 同総裁は「ここで問題が生じてくる」と指摘した。

 [ユトレヒト(オランダ) 31日 ロイター] 

 (07/06/01 07:18)  





■関連文章
  • EUは中国に一段の市場開放などを要請=欧州委員(07/05/29)
  • WTOドーハラウンド、依然として大きな隔たり=欧州委員(07/05/23)
  • ゴリラに襲われ入院した女性「それでもゴリラが好き」(07/05/21)
  • インタビュー:欧州勢は円安で日本株投資に慎重=インベスコ(07/05/18)
  • 中共から迫害を受けている人々を救え=欧州議会スコット副議長(07/05/18)
  • 世界人権年度報告:中国の人権問題に重大な関心(07/04/29)
  • オランダで優れた携帯メッセージに「金の親指賞」(07/04/26)
  • オランダの家族、王室クッキーを40年間も保存(07/04/25)
  • EU、鉄鋼・造船業界の過剰生産抑制を求め中国に圧力(07/04/04)
  • 欧州議員ら、人権団体:法輪功学習者の解放を呼びかけ(07/03/28)
  • お猪口にならない雨傘、暴風雨にも耐久性抜群(07/03/14)
  • 欧州委、米マイクロソフトに新たな制裁金の可能性を警告(07/03/02)
  • 変動相場制でないアジア通貨、漸進的上昇が必要=ECB総裁(07/02/24)
  • ユーロ圏の成長見通しは力強い、07年はやや減速へ=欧州委報告(06/12/19)
  • 欧州で人気の「暗闇レストラン」、ロスに登場(06/12/11)