印刷版   

米国際貿易委員会、中国製くぎなどの輸入で調査実施を承認

 米国際貿易委員会(ITC)は20日、中国製のくぎと一部の鋼管について、不当に安値で輸入され米産業が被害を受けている、もしくは被害を受ける可能性があると認定、調査の実施を承認した。割り増し関税の発動につながる可能性がある。

 くぎに関する調査は、アラブ首長国連邦(UAE)製も対象になる。

 米国の対中貿易赤字が昨年、過去最大の2325億ドルに達するなかで、米企業の間では中国からの輸入品に対する保護措置を求める動きが広がっている。また最近、中国製品への安全性に関する懸念が高まっていることもあり、米政府と議会は輸入品の検査体制強化に動いている。

 ITCは、くぎについて6対0、鋼管については5対0で調査を承認した。これにより、米商務省は、既に始まっている調査を続行できる。

[ワシントン 20日 ロイター]

 (07/07/23 13:09)  





■関連文章
  • 中国元外交官、中共のスパイ工作を証言=ニュージーランド国会(07/07/21)
  • 中国による人民元上昇容認の遅れにいら立ち=FRB議長(07/07/20)
  • WTO、ドーハラウンド打開に向け農業交渉で議長案(07/07/19)
  • 中国:米7社肉製品の輸入禁止(07/07/17)
  • 中国貿易補助金問題:米国、WTOへ提訴、公聴会求める(07/07/15)
  • 中国製品の安全問題:法的責任は米国企業にも=米誌(07/07/14)
  • IAEA、北朝鮮への査察団派遣を承認(07/07/10)
  • 男性は女性と同程度に「おしゃべり」=米調査(07/07/07)
  • メキシコ南部でM6.1の地震発生=米地質調査所(07/07/06)
  • 台湾に一国二制度?5割以上の台湾人が否定的(07/07/04)
  • 中国食品安全問題は氷山の一角=米中貿易の専門家(07/07/01)
  • 米国FDA:中国産水産物から有害物質検出、輸入禁止に(07/06/30)
  • 米FDA、安全性確認まで一部の中国産養殖魚介類の輸入停止(07/06/29)
  • 医療において信仰と倫理が持つ役割(07/06/28)
  • 世界経済は予想以上のペースで拡大=IMF(07/06/27)