印刷版   

米ジャズドラマー、マックス・ローチが死去

 テンポの速い「ビバップ」スタイルでジャズに改革を起こした米ドラム奏者のマックス・ローチさんが15日、当地で亡くなった。83歳だった。ジャズ専門の音楽レーベル、ブルーノート・レコードが16日に明らかにした。同氏の死因については公表しなかった。

 ローチさんは、1940年代後半─1950年代前半にかけてのビバップ隆盛期にジャズにおけるドラムの位置付けを新たに定義し、英雄的存在となった。

 同社スポークスマンによると、ビバップが登場前のジャズは、主にダンスホールで演奏されるスイングミュージックとされ、ドラムはバンドの拍子取りと位置付けられていたが、ローチさんが拍子取りからシンバルへとドラムの役割を変え、ドラムがより前面に出て重要な役割を担うようになった。また、その過程でジャズは一般的なダンスミュージックからクラブで鑑賞するより芸術的なものにシフトしたという。

 ローチさんはまた市民活動家としても知られ、これまでに奴隷制度や人種差別問題を提起した曲も作ってきた。

[ニューヨーク 16日 ロイター]

 (07/08/18 13:44)  





■関連文章
  • 中国:人民元を3・5%大幅切り上げか(07/07/26)
  • 中国メディア、農民工の労働実態調査を報道(07/07/13)
  • 日野皓正氏、学童ジャズバンドと七夕セッション(07/07/10)
  • 米国務院:香港の全面普通選挙を支持(07/07/09)
  • 英語力不足による航空事故、24年間で死者約1100人(07/07/08)
  • 中国最高指導部、暴力団の根絶を宣言、背景に地方政権と暴力団の癒着(07/07/08)
  • 台湾に一国二制度?5割以上の台湾人が否定的(07/07/04)
  • 「皇太子、北京五輪から離れよう」=デンマーク両政党、政府・王室に進言(07/06/30)
  • 中国の情報社会化(07/06/30)
  • 台湾の国際人権弁護士、香港入国を拒否され強制送還(07/06/27)
  • 中国強制労働問題:いまだに救出されていない子どもは千人以上(07/06/23)
  • B・リーの半生、中国でTVドラマ化(07/06/23)
  • 中国児童強制労働事件:公安当局、地元警察と工場側の癒着・汚職調査進める(07/06/22)
  • 中国山西省強制労働事件:炭鉱・レンガ工場経営者の父親は人大代表(07/06/20)
  • 特報:中国「奴隷工」事情(07/06/19)