印刷版   

ヒマラヤの氷河上流の溶解が加速し、ネパールに巨大な湖が出現。湖が決壊すると下流にある村は大きな被害を受ける。写真はヒマラヤ山脈(写真=ウィキペディア)

ヒマラヤ、氷河の溶解加速で湖決壊の危険=ネパール

 【大紀元日本9月6日】ここ20年来、ネパールではヒマラヤの氷河溶解が懸念されている。フヌル・シェルパ(Funuru Sherpa)さんの故郷であるデン・ボチェ(Deng Boche)村の上方にできた湖はますます大きくなってきている。シェルパさん(29)の祖父によると、50年前には湖は全く存在しなかったという。中央社が伝えた。

 上流にあるイムジャ氷河が毎年約70mの速さで溶解しているため巨大な湖が現れたと専門家は分析する。この湖が決壊すれば、下流の村への大きな被害は免れない。

 ヒマラヤ山脈の環境を研究する国際山地開発センター(ICIMOD)によると、ネパール国内の氷河は数世紀にわたって消失し続けている。また同センターの地形学者サムジワル・ラトナ・バジュラチャルヤ(Samjwal Ratna Bajracharya)氏は、「現在驚くべき速さで氷河が消失しており、過去30年の測定に基づくヒマラヤ山脈地区の気温上昇率は、世界平均の8倍に上る。海抜が高くなるほど溶解速度は速い」と指摘する。

 面積が1平方キロメートルに達するイムジャ氷河の湖は、ネパールで2番目に大きな淡水湖で、水量はおよそ3600万立方キロメートル。洪水による脅威が最も大きいと見られている。

 先日、ウダイ・ラジ・シャルマー環境局長(Uday Raj Sharma)は、イムジャ氷河の湖が決壊すれば、被害者の数は2004年のインド洋大津波の約22万人に匹敵する可能性があると示唆した。

 災害が予想される山岳地帯の人々は、住み慣れた家から離れようとしない。湖水を汲み出す費用は高いだけでなく危険も伴い、効果的ではない。

 ネパールには2300以上の湖が存在し、20カ所以上で決壊が予測されていると専門家は警告する。

(翻訳・坂本)

 (09/09/06 00:10)  





■関連文章
  • 退職金問題、大規模ストライキ2週目突入=中国湖南省(09/09/03)
  • 天下第一の仙山──武当山(09/08/30)
  • 消費される地下水、1億人以上に影響か=インド北部(09/08/17)
  • 化学工場のカドミウム汚染で中毒死、村民が連日抗議=湖南省(09/08/08)
  • 中国湖南省に連日豪雨、被災者175万人に(09/07/29)
  • 連日の猛暑、広範な干ばつと飲用水不足=湖南省(09/07/25)
  • ボイラー工場従業員千人が道路を塞ぐ=湖北省(09/07/22)
  • 高校生の叫び「なぜ、私たちが怒ったのか」=湖北省石首市集団抗議事件の背景(09/07/04)
  • 中国湖南省:列車衝突事故、3人死亡60人余負傷(09/06/30)
  • 中国湖北省:行政幹部の不正と疑惑の死亡事件、大規模抗議に発展(09/06/23)
  • 米大陸ヒューロン湖、湖底より人類活動の遺跡発見(09/06/16)
  • 中国湖北省:集中暴雨で死者4人、行方不明者6人(09/06/02)
  • 湖南省株洲市、高架橋倒壊事故の内幕(09/05/21)
  • 殉教のチベット僧へ送る光=カトマンズ(09/05/15)
  • 炭鉱で火薬爆発事故、18人死亡=湖南省(09/04/18)