印刷版   

【台湾通信】昔懐かしい台湾の田園風景

 【大紀元日本6月2日】幼い頃の体験は、私たちの心のどこかにいつまでも潜んでいるのでしょう。一枚の水牛の写真で、多くの人の脳裏に、昔懐かしい時代が瞬時によみがえってきます。今回は、現代社会が失ってしまった、台湾ののどかな田園風景を、皆さんにご紹介しましょう。
①(撮影・羅新興氏)


 
②(撮影・羅新興氏)

①は1970年代、農耕作業をまだ水牛に頼っていたころの苗栗(台湾の北西部)の田園風景です。お昼の休み時間に、水牛の親子が飼い主に連れられて、田んぼの近くにある小池にやってきました。水牛は水に入れば心身ともに癒されるのでしょう。子供と一緒にのろのろと小池の中ほどへ移動している様子から、現代社会が失った、古き良き台湾の田舎の、のんびりとした生活ペースを感じ取っていただけることでしょう。

 ②の小屋はその飼い主の家です。物質的に乏しかった時代に、土や竹、木などを組み合わせて建てられたものです。幾年もの歳月を経たこの家で、飼い主は、農作業に頼りながら8人の子供を育てたそうです。
③(撮影・羅新興氏)


 
④(撮影・羅新興氏)

苗栗は、客家(はっか)系の人々が集まっている地域です。勤勉な客家の人々は、今も先祖代々受け継がれた伝統的な古い家屋を守っています。山が多い地勢に建てられた③の赤レンガの建物は、緑色の水稲の苗に美しく照り映えています。名家の証しである反り返った軒先こそ見えず、全体的に素朴な構えの家ですが、正門には「徳を以って家を伝える」ことを意味する「宏徳居」と書かれた額が掛かっています。

 日々ビルに囲まれて暮らす私たち現代人は、たまには④の写真のように、気の合った友人と丘に登り、大自然の中で大声で「ヤッホー」と叫んだら、きっと心身ともにリラックスできることでしょう。

 ※貴重な写真を使わせてくださった友人の羅新興氏にこの場を借りてお礼申し上げます。

 
(台湾=記者・蘇燕)


 (06/06/02 14:07)  





■関連文章
  • 台湾の陳水扁総統、一部の権限を行政院長に委譲(06/06/02)
  • 中共:台湾トップのスキャンダルを喧伝、民主政治称賛のやぶ蛇効果(06/05/31)
  • 「看中国」台湾国際フォーラム:中国投資のリスクと中国社会の現状(06/05/30)
  • 台湾国安報告:中共の「三光」戦略(06/05/29)
  • EU議会・副議長と台湾立法院長、中共について意見交換(06/05/27)
  • 陳水扁・台湾総統の娘婿、証券取引法違反等疑惑、事情聴取(06/05/26)
  • 「アジア・ウォールストリート」紙:台湾のWHOへの加盟支持を呼びかける(06/05/26)
  • 台湾国安報告:中共軍の台頭は台湾の脅威(06/05/25)
  • 中嶋嶺雄氏、日本の首相選挙、中共介入を警告(06/05/24)
  • 台湾:WHO年次総会に傍聴席参加、日米欧の動向に注目(06/05/23)
  • 台湾衛生署:大陸の臓器移植の仲介関与に法的処分(06/05/22)
  • アモイ海事当局、海洋巡視艇基地を新たに建設(06/05/18)
  • 法輪大法デー:世界各地で祝賀イベント開催(06/05/16)
  • 陳総統:帰路は米国経由せず、抑圧を緩和し、台湾の国益を守る(06/05/11)
  • 陳水扁・台湾総統、なぜ米国に冷遇されたのか(06/05/10)