印刷版   

NY市場サマリー(12日)

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   115.48/51

       始値   115.14/17

   前営業日終値   114.28/33

ユーロ/ドル 終値   1.2701/03

       始値   1.2732/33

   前営業日終値   1.2763/67

30年債(2130GMT)    90*10.00(+0*04.50)=5.140%

前営業日終盤    90*05.50(+0*10.00)=5.150%

10年債(2130GMT)    100*04.50(変わらず) =5.106%

 前営業日終盤   100*04.50(+0*06.00)=5.106%

 2年債(2130GMT)    99*28.50(‐0*01.25)=5.183%

     前営業日終盤    99*29.75(+0*01.00)=5.162%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11013.18(‐121.59)

   前営業日終値    11134.77(+ 31.22)

ナスダック総合

     終値         2090.24(‐38.62)

   前営業日終値    2128.86(+11.93)

S&P総合500種指数

     終値         1258.60(‐13.92)

   前営業日終値    1272.52(+ 5.18)

COMEX金(8月限)(ドル/オンス) 651.20(+ 8.10)

     前営業日終値        643.10(+17.00)

原油先物(8月限)(ドル/バレル)   74.95(+0.79)

     前営業日終値         74.16(+0.55)

CRB商品指数 (ポイント)   352.62(+2.34)

     前営業日終値     350.28(3.61)

----------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが上昇。5月の米貿易赤字が予想ほど拡大しなかったことから買い安心感が広がった。谷垣財務相がデフレ脱却は視野に入ってきている段階で、まだ脱却したわけではないとの見解を示したため、14日の日銀決定会合で市場が織り込んでいるほどには利上げしないとの見方がでて、ドルは対円で大きく上昇した。

-----------------------------------------------------------------

 <債券> ほぼ変わらず。株式市場が大幅安となったことから一時の下げから戻した。

 朝方の相場は、前日のインドの列車爆破事件を受けて買っていた向きから利益確定の売りが出て軟調となった。

 一方、朝方発表された5月の米貿易赤字はさほど材料視されなかった。

-----------------------------------------------------------------

 <株式> 反落し、主要3指数とも1%以上下げた。四半期決算発表が本格化するなか、アナリストがアップルコンピュータとデルに対しさえない見方を示したことが悪材料となり、ハイテクセクター全体が押し下げられた。

----------------------------------------------------------------

 <金先物> 続伸し、中心限月8月物は1オンス=651.20ドルと、5月30日(660.50ドル)以来約1カ月半ぶりの高値で終了した。前日終値(643.10ドル)比では8.10ドル高。日中取引レンジは643.10―657.00ドル。

----------------------------------------------------------------

 <原油先物> 在庫減をながめた買いに続伸し、一時1バレル=75.05ドルまで上昇した。米国産標準油種WTIの中心限月8月物は結局、前日比0.79ドル高の74.95ドルで取引を終えた。

                          
(ロイター7月13日=東京)

 (06/07/13 09:49)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(11日)(06/07/12)
  • NY市場サマリー(10日)(06/07/11)
  • 東京株式市場・寄り付き=反発、米国株高を好感(06/07/07)
  • NY市場サマリー(6日)(06/07/07)
  • NY市場サマリー(5日)(06/07/06)
  • 北朝鮮のミサイル発射で円売り、リスク資産回避の動きも(06/07/05)
  • NY市場サマリー(3日)(06/07/04)
  • NY市場サマリー(29日)(06/06/30)
  • NY市場サマリー(28日)(06/06/29)
  • NY市場サマリー(27日)(06/06/28)
  • NY市場サマリー(26日)(06/06/27)
  • NY市場サマリー(23日)(06/06/24)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • NY市場サマリー(22日)(06/06/23)
  • NY市場サマリー(21日)(06/06/22)