印刷版   

地球温暖化:ヒマラヤ山脈水源、脅威に直面

 【大紀元日本8月25日】気候変動がヒマラヤ山岳地域にある人類に不可欠な水資源に深刻な脅威を生み出し、下流で生活する13憶人の生活が危機にさらされていることがこのほど専門家の報告でわかった。

 スゥエーデン・ストックホルムで8月17日から23日まで行われた「世界水資源週間」会議で、ヒマラヤ山岳地域では氷河の急速な溶解と降雨量の激変現象が起きていることが報告された。この地域は南北両極最大の氷河と、シベリアの永久凍土に次ぐ水資源を保有している。

 国際総合山岳開発センター(ICIMOD)のマッツ・エリクソン博士は「ヒマラヤの氷河は、世界で最も速いスピードで後退している」と報告した。

 高海抜、僻地であり世界各国の共同作業の困難さがこの統合研究活動を難しくしているが、エリクソン氏はこの地域が気候変遷の深刻な影響を受けていることはすでに明らかであると話し、APF通信社に対し「氷河の溶けるスピードは非常に速く、毎年70m後退している」と伝えている。

 また中国山地生態系統研究センターの指導者である許建初氏はチベット高原の気温が10年ごとに0・3度上昇している例を挙げ、これは世界平均の2倍と述べた。

 ヒマラヤ山脈で溶けた氷河や雪は山岳地域から流れ出る水量のおよそ半分を占め、これらの水流はアジアで最も大きな河川9本に流れ込んでいる。気候変動はこの地域に重大なダメージを与えている。

 ヒマラヤ山脈は中国、インド、ネパール、パキスタン、ビルマ、ブータン、アフガニスタンの7ヶ国に跨り、全世界で人口が最も密集している地域の主要水源地として広大な範囲をカバーしており、これらの地域には13億人を超す人々が生活しているという。

(翻訳・坂本)


 (08/08/25 07:37)  





■関連文章
  • 重慶市:イナゴ駆除で水源汚染(08/08/04)
  • 魚の乱獲でクラゲが増加=欧科学者(08/06/26)
  • 世界最高峰:エベレストの美しい顔(08/06/13)
  • 世界8分の1の鳥類 絶滅の危機に直面(08/05/21)
  • 中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究(08/04/21)
  • 融雪剤による水源汚染=中国広東省(08/02/20)
  • 地球温暖化、NZのワイン業界にとっては追い風に(08/02/15)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 地球温暖化 数百年内に生物の半数絶滅の恐れ(07/10/26)
  • 日本経団連、サマータイム導入で炭酸ガス排出量を約5%削減(07/09/11)
  • 地球温暖化対策の「努力目標」を採択=APEC首脳会議(07/09/10)
  • 中国沿岸部、下水管から大量の汚染物質が海に(07/08/06)
  • ヒマラヤ山脈氷河融解が加速、20億人に影響(07/08/06)
  • ペプシコ社、瓶詰め水製品は水道水由来(07/08/02)
  • 中国四川省:住民数千人が水源汚染に抗議、警察と衝突、負傷者数十人(07/07/31)