印刷版   

中国北西部、今年最初の砂嵐発生

 【大紀元日本2月22日】中国北西部から今年最初の砂嵐報道が例年よりも少し早めに伝えられた。甘粛、青海、新疆自治区などを含む省地区の空はここ数日、もうもうとした黄砂に包まれ、一部地区では視界がわずか数十メートルになっているそうだ。気象予報ではこの砂嵐は22日まで続くと予想している。

 毎年3月に発生する中国北方での砂嵐は、今年は少し早めに起きている。18日から甘粛省、内モンゴル自治区、河北省などの省区では空いっぱいに黄砂が舞い、覆いつくされ、視界が大幅に低下。甘粛省金塔県ではわずか700m前後にまで低下し、むせ返るような黄砂が空気中に充満。青海省西寧市の高層ビルは、その姿が黄砂の中に隠れてしまったという。また、風により気温も急激に下がり、道行く人も厚い上着を着て口にはマスクをつけ、さらには頭巾を被っている状態で、空気の質や交通安全に深刻な影響が出ている。

 専門家は砂嵐が環境と人体の健康に不利な影響を及ぼすことを挙げ、外出時はマスクをつけ、咳やくしゃみあるいは喘息などの病気を予防するよう注意を呼び掛けている。

 
(翻訳・坂本)


 (09/02/22 09:12)  





■関連文章
  • 中国:厳しい寒波警報発令、緊急措置施す(08/12/05)
  • モンゴル:大型砂嵐で46人死亡(08/05/31)
  • 北京:大気汚染指数、「高度危険レベル」示す(08/05/29)
  • 内モンゴル自治区で砂嵐発生(08/05/28)
  • 中国の黄砂、日本・韓国・台湾各地に影響(08/03/07)
  • 2008年春季の北京:黄砂日数、昨年より増加の予測(08/01/06)
  • 北京五輪、大気汚染の改善は困難=国連報告書(07/10/27)
  • 火星で大規模な砂嵐発生(07/07/06)
  • 写真報道:早くも砂嵐に見舞われた中国各地(07/04/05)
  • 中国:例年より2ヶ月も早い砂嵐、懸念される黄砂災害(07/02/20)
  • 黄砂に覆われる北京、砂漠化による損失は甚大(06/04/21)
  • 中国の青海省は前例のない吹雪と土砂嵐の災害を被る(05/05/20)