印刷版   

中国の2010年度財政赤字は1兆元を突破する可能性があるという。写真は、中国の中央銀行・中国銀行の上海の支店(PHILIPPE LOPEZ/AFP/Getty Images)

中国:2010年度財政赤字、1兆元突破か

 【大紀元日本11月11日】中国国内報道によると、2010年度の中国財政予算案に関して、09年度の「高額赤字予算」方針が継続される模様。09年度の約9500億元(約12兆8250億円)の財政赤字がさらに拡大し、1兆元を突破する可能性があるという。

 「中国経営報」によると、国家発展改革委員会(発改委)と財政部は、このほど共同で「投資と財政政策」と題する経済・財政方案を制作、12月に開かれる国務院の中央経済会議に提出する予定。同方案は2010年度の経済政策のガイドラインになるという。同方案の中で、発改委と財政部は、今年始動したばかりの大型プロジェクトには長期的な建設期間が必要で、「一回だけの財政投入では解決できない」とし、来年度の財政政策にも「拡大」路線を継続する必要があるという。

 世界金融危機の発生後、中国政府当局も国内経済の救済策として巨額な公的資金を拠出した。財政部によると、今年第1~3四半期(1~9月期)の中国全国における政府の歳出総額は、4兆5200億元(約61兆200億円)に達しており、昨年同期比で24・1%拡大した。歳出の急増は「4兆元経済刺激策」による国内大型建設プロジェクトの増加と関係している。公的資金による経済回復・成長を維持していくためには、必然的に歳出が拡大される。

 また、第1~3四半期の歳出総額4兆5200億元のうち、中央政府は9600億元で、「4兆元経済刺激策」のうちの約3兆元を負担する地方政府は3兆5600億元と全体の約79%を占めている。

 世界銀行の駐中国事務所でチーフエコノミストを務めるルイス・クイジス氏は、国内総生産(GDP)に占める09年度中国財政赤字は現在3%だが、来年は約4%に引き上げられるとの見通しを示した。ゴールドマン・サックス中国の鄭体順・チーフアナリストは、2010年度の中国の財政赤字は1・3兆元(約17兆5500億円)に達すると予測している。

(翻訳編集・張哲)

 (09/11/12 05:00)  





■関連文章
  • 明日の中国に起こりうる革命(09/10/27)
  • 非効率な中国の産業構造、調整と高度化に私有化が肝心=中国経済学者(09/10/26)
  • 中国地方政府、負債総額が5兆元超(09/10/23)
  • 60年間を振り返る:終結に向かう中国経済の発展モデル=中国経済学者(09/09/30)
  • 台湾大陸委員会、中国の雇用率統計に疑義(09/09/28)
  • クレジットカード未返済激増、不良債権リスク上昇=中国中央銀行(09/09/27)
  • モルガンスタンレー:中国が世界経済の回復を牽引する可能性は低い(09/09/23)
  • 袁剣:バブル経済に突入する中国(09/09/20)
  • 融資難で倒産相次ぐ 貢献度高い中国中小企業のエレジー(09/09/18)
  • 温首相、8月の景気回復基調に慎重論(09/09/14)
  • 株価暴落、先行き不透明な中国経済(09/08/19)
  • 中国経済:バブル膨張、政策決定層黙認の結果(09/08/17)
  • 平均年収の差が55倍に、中国、貧富格差が拡大(09/08/01)
  • 中国の経済刺激策に新たな問題(09/07/14)
  • IMF:アジア全体成長率下方修正、景気回復は長い道のり(09/05/12)