大紀元時報

モンゴル大統領が14日間の隔離下に、中国からの帰国後

2020年02月28日 18時04分
2月28日、モンゴルのバトトルガ大統領(写真)と外相、その他の政府高官らは、中国からの帰国後、予防的措置として14日間の隔離下に置かれた。写真はウランバートルで昨年9月撮影(2020年 ロイター/B. Rentsendorj)
2月28日、モンゴルのバトトルガ大統領(写真)と外相、その他の政府高官らは、中国からの帰国後、予防的措置として14日間の隔離下に置かれた。写真はウランバートルで昨年9月撮影(2020年 ロイター/B. Rentsendorj)

[ウランバートル 28日 ロイター] - モンゴルのバトトルガ大統領と外相、その他の政府高官らは、中国からの帰国後、予防的措置として14日間の隔離下に置かれた。モンゴルの国営通信社モンツァメが28日に伝えた。

中国が1月、新型コロナウイルスの感染封じ込めに向け施策を導入し始めて以降、国家首脳が中国を訪問するのはバトトルガ大統領が初。

バトトルガ大統領とツォグトバータル外相、その他の政府高官は27日に北京に到着。習近平国家主席、李克強首相と会談した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^