印刷版   

バイオ電池使用の携帯(ネット写真)

コーラが電源の携帯電話=英国

 【大紀元日本1月20日】

 英国に拠点を置く中国系のデザイナーである、ダイジー・ゼング(Daizi Zheng)氏は従来使用されているバッテリーの替わりに、コーラを電源とするバイオ(Bio)電池使用の携帯電話を考案した。コンセプトとしては、従来の電池のような廃棄後の処理と環境汚染の問題がなく、経済的で環境に優しいエコ商品である。フィンランドのノキア社との提携で発売する見通しである。

 ゼング氏は次のように語った、コーラ以外では、糖分の含む清涼飲料水なら、すべてエネルギーになり得るという。携帯電話のコンセプトモデルは、酵素を触媒として炭水化物(砂糖)が電気を発生するという。コーラを携帯電話に付いているケースに入れるだけで、透明な外側から、コーラが水と酸素へ分解されるのが見える。これはすべて自然に生分解されるものである。このバイオ電池の寿命は、1回のチャージで、通常使われるリチウム電池の3~4倍にもなる。

(翻訳編集・李頁)


 (10/01/20 05:00)  





■関連文章
  • 携帯の電磁波、アルツハイマーに効果的?=米研究(10/01/10)
  • 「天国にいる母に感謝」 携帯が引き合わせた運命の二人(09/12/21)
  • 目の不自由な方に朗報、「バイオニック・アイ」で文字が見える(09/12/07)
  • 中国製携帯2500万台、電波配信止め  国境のセキュリティ懸念=インド(09/12/04)
  • ズボンのポケットに携帯電話 精子が30%減少か(09/11/10)
  • イスラエルの研究者:特定のにおいは脳に刻まれて消えない(09/11/09)
  • WHO:携帯電話の長期使用、脳腫瘍発生を示唆(09/10/30)
  • 台湾、水素エネルギー時代に突入(09/10/08)
  • 中国インターネット利用者、世界最多3億3800万人(09/07/26)
  • 文化・メディア・法曹界関係者、中国官製メディアを非難=北京(09/03/21)
  • 国連専門家、温暖化進行速度予期以上に速い(09/02/17)
  • 空軍戦闘機墜落、生存者不明=中国重慶(09/01/11)
  • 中国有毒乳製品事件、対応に追われる合弁外資(08/09/21)
  • パリ・中国大使館、チベット支持者に「攻略」される(08/08/25)
  • リチウム電池の入った旅客荷物の託送禁止=中国新規定(08/08/24)