THE EPOCH TIMES

河南省で鉄道火災 走行中の列車から炎

2011年11月04日 08時54分
 【大紀元日本11月4日】北京市と広東省広州市を結ぶ京広鉄道で2日午前4時半ごろ、河南省許昌市付近を走行する列車の副運転席から、突然、火が燃え上がった。国内メディア各社が伝えた。

 出火したのは列車K919号の機関車の後方にある副運転席。出火当時、激しい炎が上がり、高圧電流が流れる電線に届く勢いだったという。

 火は40分後に消し止められ、K919号は機関車を取り替えて運転を再開した。

 なお、事故による死傷者は出ていないもよう。出火原因は調査中だという。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^