中国輸出3.1%減、6月貿易統計 当局「厳しい局面」

2013年07月10日 17時25分
【大紀元日本7月10日】中国税関総署が10日に発表した貿易統計によると、6月の輸出は前年度同月より3.1%減少し、輸入も0.7%減となった。旧正月による大型連休で落ち込んだ2012年1月を除き、輸出の減少は2009年11月から44ヶ月ぶり。内需、外需ともに低迷していることから、中国経済の減速が鮮明になってきた。

 輸出の減少について、同署の鄭躍声報道官は外需低迷、人民元高、労働力コスト上昇などが原因だと分析し、「中国経済は厳しい局面に立たされている」と述べ、「下半期はさらに多くの困難に直面することになるだろう」との見方を示した。

 また、5月から当局は投機資金を国内に持ち込むための実態のない「架空輸出」を取り締ったため、輸出減につながったことも要因の一つと同報道官は指摘した。

(翻訳編集・高遠)


関連キーワード
^