【ぶらり散歩道】ー熊本篇ー 山鹿市・番所地区の棚田と彼岸花

2014年09月29日 07時00分
【大紀元日本9月29日】熊本市の北部にある山鹿市。番所地区は、その山鹿市の北側に位置する約60戸の集落です。大分県・福岡県との県境にあります。

 八方ケ岳(やほがだけ)など千メートル級の山々に囲まれた自然豊かな土地で、明治時代に築かれた約200枚の棚田(計10ヘクタール)が高低差80メートルの急斜面に広がります。この番所地区の棚田は「日本の棚田100選」に選ばれるほど美しい場所。お彼岸のころなると、稲穂の緑と彼岸花の真っ赤な花が絶妙の色合いを見せてくれます。

 観光客用に仮設トイレを準備するなど「おもてなしの心」を感じられるのも嬉しいものです。

地元の方々が作った芸術作品

おとぎの国に迷い込んだよう

稲穂の緑と彼岸花の赤が絶妙のコントラスト

目の覚めるような色

(文/写真・佐吉)
関連キーワード
^