THE EPOCH TIMES

【佛家故事】 天の福を受ける理由

2015年03月18日 07時00分

『樹提伽経』によると、天竺国頻婆娑羅王の下に、樹提伽という大臣がいた。彼は莫大な財産を有し、自由自在にそれを使うことができた。

 ある日、国王が政務のために宮殿にいると、突風に吹かれて白く細いタオルのような布が宮殿の前に落ちて来た。よく見てみると、この世のものとは思えないほど美しい布だった。国王が布を臣下たちに見せると、皆は「これは国運が隆盛に赴く天からの兆しです」と言ったが、樹提伽だけが何も言わなかった。国王は不思議に思って理由を聞いた。すると樹提伽は、「王様を騙してはいけません。実はこれは私の手拭きで、池の近くにかけましたが、風に飛ばされてこちらに落ちてきただけです」と答えた。

 数日後、今度は九色の車輪のように大きな花が宮殿の前に落ちてきた。国王がまた樹提伽に聞いてみると、「王様を騙してはいけません。これは家の庭園の裏に咲いた花で、風で飛ばされてここまで来たのです」と答えた。国王は半信半疑になりながら、樹提伽に聞いた。「今度、そなたの家に行ってみたい。二十万人連れて行くが、よろしいか」と聞くと、「どうぞ、御意のままに」と彼は答えた。「いつ行ったら準備が整うだろうか」と国王が聞くと、樹提伽は「いつでもかまいません。家には自然な寝床があり、特別に用意することもありません。食事を作る必要もなく、食事は自然に届き、食べ終わったら下げられます。ご心配はいりません」と答えた。

 早速、国王は二十万人の臣下や召使いたちを連れて樹提伽の家に着いた。南門から入ろうとすると、そこに30人くらいの可愛い男の子たちがいるのが見えた。「彼らはそなたの息子なのか」と国王が聞くと、「彼らは、門番をする下僕です」と樹提伽が答えた。国王たち一行が更に前に進むと、今度は内門に30人の美少女たちがいる。「彼女たちはそなたの娘なのか」と国王が聞くと、「彼女たちは内門の下女です」と答えた。

 また前に進むと、広間の前に着いた。そこは白銀の壁、水晶の地でできていた。国王は水だと思い、前に進めなかったが、樹提伽は「この地は堅固であり、壊せるものはありません」と言った。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^