独自取材

人権派弁護士が語る 「江沢民一族の問題暴露、公安当局が促している」

2016/06/23 12:00

 中国元国家主席江沢民一族への逆風がいっそう強まっている。長年にわたり、一族が中心となる上海閥の腐敗問題を直訴してきた同市の人権派弁護士・鄭恩寵氏(66)はこのほど大紀元の取材に対し、上海市公安上層部から江沢民一族の問題をもっと暴露するよう示唆されたと話し、江氏の失脚が確実なことだと指摘した。

 市副局長級高官の友人を経由して同氏に伝えられたという市公安当局上層部のメッセージは次の2点。1点目は、「鄭氏への監視や拷問は上からの命令だから」として、長年対立してきた同当局との関係を改善する、もう一点は、江沢民ら上海閥を批判する際に、(江氏の腹心とされる)上海市トップの韓正・市党委書記を巻き添えにしないでほしい。

 鄭氏は「すなわち、もっと江沢民らを暴露してほしいと催促している」と読んでいる。

 同氏は今年3月下旬、大紀元に「極めて信ぴょう性の高い内部情報」として、江沢民氏と息子の江綿恒氏が当局の監視下に置かれており、最高指導部が公表するタイミングを計っていると話した。

 長年、上海閥の腐敗問題を告発してきた鄭氏は2003年、国家機密漏えい罪で3年の懲役刑で服役し、釈放後も当局に軟禁されている。鄭氏の話では、いまだに軟禁は続いているが、最近、毎日の食事費が25元から50元に引きあげられたなど待遇は大きく改善している。先の友人からの情報では「今後の状況はもっとよくなる」という。

 今年3月ごろから、江綿恒氏が当局の取り調べを受けている、すでに監視下に置かれているなどの情報が絶えない。腐敗撲滅運動を率いる中規委のトップ王岐山書記が中央内部会議で「年内に上海閥の汚職問題を解決する」と指示したとの報道もある。

(記者・駱亜、翻訳編集・叶子)

関連記事
注目記事
^