北京の余文生弁護士

人権派弁護士の壮絶な獄中体験 死線を超えてたどり着いた境地(2)​

2016/10/23 07:00

この記事は、人権派弁護士の壮絶な獄中体験 死線を超えてたどり着いた境地(1)​のつづきです。


道徳の最低ライン死守 永遠の奴隷の道から

 警察から尋問を受ける余氏は、弁護士依頼をしないなどの虚偽の声明文への署名を強制された。「早期釈放のため」と妥協して署名をした。さらに「ほかの人のこと(余氏の同僚や知人の不穏な言動)を告発しろ」と迫られた。

 これを拒否したが、警察は「誰かが罪を犯したと『嘘』を告発しろ」と言った。余氏は拒否した。これは道徳の「最低ライン」だと感じていた。

 警察は余氏に、『嘘』の告発をしなければ尋問は終わらないと脅した。だが余氏は、嘘をつけば釈放がさらに延期されると分かっていた。話せば話すほど、出所の可能性が下がるのは明白だった。

 「彼らは最初の目的に達したと思ったら、次の段階に移る。永遠に精神的な奴隷としてしまおうと画策しているからだ」。

 中国の牢獄では、譲歩では、自分を守ることはできないのだと同氏は語っている。「譲歩することで自分の立場がさらに受け身になるだけだからだ。ただ戦い続けるしか、生き残る道はない。これが、私がその後も戦い続けている理由だ。私が今いる場所も、戦い続けてきた結果なのだ」。

 余氏が拘束されている間、妻の許艶さんは8人もの弁護士に同氏の弁護を依頼し、夫を救うために奔走していた。許さんの献身に対し余氏は、「当局からの圧力にも、妻は決して屈しなかった。妻に出会えたことは私の人生で最も幸せなことだ」と語っている。

「共産党が民主化歩むことは不可能」

 この獄中体験は、余氏に計り知れないほどの影響を与えた。同氏は以前、共産党は良い方向へ変わり得ると認識していたが、今ではそうは思えなくなっていると語る。共産党が民主化への道を歩むことは不可能であり、専制政治を強化するしかできないだろうと考えている。また、同氏の人生観も、それまでと全く違ったものに変貌した。

 「死刑囚の監房での経験は、私の死生観を一変させた。生死にとらわれなくなったのだ。さまざまな考えを超越したことで、今の私は物事を成すときに死ぬことを恐れなくなった」。

 釈放されてから、余氏は、最高検察院や最高法院(最高裁判所)といった司法部門に対し、北京大興公安分局などが犯した違反行為を告訴し、警察の責任を追及するよう要求している。

「私は法に従う立場の人間だ。法に触れない限り、私は妥協しない。法輪功学習者への弁護でも、その姿勢は変わらない。法輪功がカルトであるなどと、一体どの法律に明記してあるというのか」。

関連特集

関連記事
注目記事
^