臓器移植

日本の外科医ら100人署名 移植法改正を求める

2017年05月01日 06時00分

 東京と台北からの2団体が、横浜で4月27~29日に開かれた日本外科学会の年度大会に出展し、医師ら医療関係者に移植法の改正の必要性を伝えた。移植目的で中国渡航を禁じることを求める署名活動には、団体によると、100人近くの医師たちがサインした。

「日本の移植法改正が必要」大量殺人が疑われる中国移植ツーリズム止めるため

 現行法では、移植目的の中国渡航が規制されていない。中国の臓器移植でドナーとなっているのは、本人の意思にかかわらず臓器を強制摘出された「良心の囚人」で、大量殺人が背景にあると強く疑われるため、「日本人がこれに関与しないための法整備が必要です」と団体は説明している。

 中国への渡航移植問題を考察する団体「移植ツーリズムを考える会」(本部東京、以下「考える会」)と台湾国際臓器移植関懐協会(以下「協会」)の2団体は、大会出展にあわせて移植法改正のための署名活動を展開。期間中に計100人近くが署名に応じたという。

 2団体の説明に耳を傾けた医師らは、中国で良心の囚人が巨大なドナーバンクになっている情況に驚く一方、医療現場でこれまで覚えた違和感を口にした。

日本外科学会の年度大会にブースを出展し、医師らに「臓器狩り」の情況を説明する(台湾国際臓器移植関懐協会)

「待機時間がやけに短い」「手術件数は公表の10倍では」日本の医師、中国の医療現場で違和感

関連キーワード

関連特集

^