自由のない地

「チベット文化は風前のともしび」中国共産党による民族同化政策で

2017年07月04日 20時00分

 「中国で最も幸せな都市」、これは中国共産党政権がチベット自治区の首都・ラサを形容する時の決まり文句だ。だが亡命チベット人のサーンチーさんに言わせると、ラサほど不幸で、自由を束縛された都市はない。彼女はラサに暮らすチベット人を、「籠の鳥」と表現している。

 チベット亡命政府台湾代表部事務所のダワ・ツェリン氏は大紀元の取材に対し、中国共産党政権はチベット文化とチベット仏教の弾圧政策を取り続けているが、その最終的な目的は、チベット民族の漢族への同化(民族同化)及びチベット民族の消滅だと語っている。同氏は、現行の統治下ではチベット人に真の幸福と自由がもたらされることなどあり得ないと考えている。

亡命チベット人の里帰り

 サーンチーさんは、チベット亡命政府の拠点である、リトル・ラサとも呼ばれるインド北部のダラムサラに住む亡命チベット人だ。昨年末、親族訪問ビザを取得して、チベット自治区への帰郷を果たすことができた。チベットでは、首都ラサや青海省内にチベット佛教の聖地を訪ね歩いたが、滞在中に当局から執拗な干渉を受けたという。インドに戻ったサーンチーさんはメディアに対し、この間に体験したことを詳細に語った。

 ラジオ・フリージアの報道によると、サーンチーさん一行の旅の目的はチベット在住の血縁者を尋ねチベット佛教の寺院を訪ねることだった。渡航に当たっては中国大使館で発給されたビザ等の正式な書類がすべて揃えているにもかかわらず、国境を超える際には、警察職員に別室へ連れて行かれ、携帯電話と手荷物が全部検査された。数珠やお守りといった全ての宗教関連物は携帯することが許されず、見つかったものは没収された。

 サーンチーさんたちがラサで、地元警察に指定された旅館に宿泊しなければならなかった。青海省に到着すると、まず地元公安局に連れていかれ、血液検査を済ませると、犯罪者のように正面と側面の写真を撮影された。警察はサーンチーさんらに対し、青海省内から出てはならず、その必要がある場合は関連部門の許可を得なければならないと告げた。

 ラサ市内の様子について、サーンチーさんは「各寺院の内外、道路や路地口など、あらゆるところに監視カメラが設置されていて、パトロール中の軍隊をよく見かけた」と語っている。外部からやってきた僧侶がラサ市内の旅館に宿泊する際には、身分証のほかにも関連事務局と派出所から発給された証明書が必要となる。ラサに住むチベット人や外部からのチベット人たちは、何をするにも何を話すにも常におびえており、政治的に敏感な話題には決して触れない。サーンチーさんはそんなチベット人を「籠の鳥」だと語り、やるせなさを隠せない。

共産党の部隊に「お茶のお誘い」で行方不明

青海省玉樹チベット族自治州で2015年7月、伝統の行事に臨むチベット族たち。チベットの文化は中国共産党の圧力で風前の灯火(Kevin Frayer/Getty Images)
関連キーワード
^