印刷版   


鳥インフルエンザで 青海省青島湖鳥島が十日 以上閉鎖

 【大紀元日本5月23日】渡り鳥の死因をH5N1型鳥インフルエンザウイルスであると中国が発表した件で、青島湖鳥島が、すでに十日 以上も閉鎖されたことが分かった。


 ニュースサイトの情報によると、青島湖鳥島の外にある検疫所は21日、鳥島を出る車両に対して消毒などの衛生処置を施していた。現在、有名な観光地である鳥島では、すでに観光客を入れずに閉鎖している。電話取材で、青島湖鳥島に一番近い剛察県泉吉郷ソマ村に隣接する泉吉村の村民によれば、鳥島はすでに10日以上閉鎖され、24時間監視され、人の出入りを禁止しているという。泉吉郷副郷長は疫病関係の仕事を担当しているが、上からの指示により情報公開は禁じられているとし、取材を拒否した。

 (05/05/23 10:32)  





■関連文章
  • 青海省、渡り鳥の死因は鳥インフルエンザと確認(05/05/22)
  • 広東省で鳥インフルエンザに感染したアヒル、ガチョウの卵を発見(05/05/19)
  • 北朝鮮とベトナムで鳥インフルエンザ発見、病毒性の高い新型鳥インフルエンザに変貌する可(05/04/09)