政治亡命した中国外交官、中国スパイの名簿を所持

2005年07月12日 14時47分

 【大紀元日本7月12日】本年5月にオーストラリアで政治亡命した前中国外交官・陳用林氏がこのほど、同国の永久保護ビザを取得したことが明らかとなった。陳用林氏は在オーストラリア中国大使館が収集した現地の法輪功愛好者の名簿を提示し、大勢の中国スパイがオーストラリアで情報収集に従事している証拠だと語った。

 BBC中国語サイトは、オーストラリア放送協会(ABC)の報道を引用し、陳用林氏が次のように表明したことを報じた。「在オーストラリア中国外交職員には2種類ある。1つは外交事務を処理する人たちで、もうひとつは情報収集に従事する人たちである。私はオーストラリアにいる中国スパイの名簿を所持している。必要があれば、名簿を公開する」。

 陳用林氏は、この名簿はいずれ公にされるであろうと警告し、多くの中国スパイは妻子持ちであるから、自分自身と家族のために、1日も早くスパイ活動から身を引いてほしいと呼びかけた。

 陳用林氏は更に、「一部のオーストラリア政府関係者は、すでに中共に説得され、彼らの政策を支持している。中国政府に批判的な人物を処理する際、中国大使館がこれらの政治家に協力を求めることも珍しくない」と衝撃の事実を明かした。

 情報によると、オーストラリア情報機関は、陳用林氏の話に非常に興味をもっており、連絡を保っているという。

関連キーワード

関連特集

^