16周年「6・4天安門事件」神戸追悼パレード

2005年06月07日 17時25分
 【大紀元日本6月7日】6月4日(土)午後1時、神戸三宮東遊園地で追悼集会が開かれ、その後パレードが行われた。参加者は胸に追悼の白い花をつけ、開会に先立ち1分間の黙祷を捧げた。

 集会では、「民主中国陣線」日本支部の辺寧さんが、天安門事件の現場の証人として当時の体験を報告した。人民解放軍の発砲によって殺害された同級生のことや、病院に収容された死体を目撃したときの悲しみを語った。加古川市会議員の大矢卓志氏は虐殺された方々への冥福を祈り、この悲劇を作り出した中国共産党を厳しく批判した。「日本世論の会」大阪府支部の丸山利之副支部長は、16年前に民主化を叫び散華していった人々に哀悼の意を表し、民主的に中国共産党の横暴を暴き一人一人が立ち上がって正義を実現していくことを!と訴えた。

 大紀元新聞日本語版スタッフの澤さんは、中国共産党の利益誘導に人々が屈することなく利益ではなく道徳を選択することによって、世界が中国の邪悪なやり方に目覚めてゆくことの大切さを語った。

 6・4天安門事件における民主化の意志が実現され、中国共産党への歴史的審判が下される日が必ず来るよう、中国共産党からの脱退を推進する活動に向けた強い決意が神戸の地で高らかに響き渡った。
(大紀元)


民主中国陣線の代表者・辺寧氏(大紀元)


日本世論の会大阪支部部長・丸山利之氏(大紀元)


加古川市議員・大矢卓志先生(大紀元)



(記者・熊村)
ー>
関連キーワード

関連特集

^