原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新

2005年11月14日 07時00分
【大紀元日本11月14日】国際原油市場で11月7日、原油とガソリン価格が共に下落した。原油価格は1バレル=58.93ドルまで下がり、7月21点xun_ネ来の安値となり、翌日には57.70ドルまで続落。ヘッジファンドのマネージャー・ピッケンス氏によると、今後数ヶ月内に原油価格は50ドルまで下落することが見込まれるという。

 ピッケンス氏は「経済成長が減速するにつれ、原油市場における需給は大きな影響を受け、原油の輸入増とハリケーン後に備蓄していた大量の原油が市場に出されたことも加え、原油価格が急速に下落した」と示した。また「地球温暖化による原油の冬季消費減も原油価格の下落に拍車をかけた」と指摘した。

 また、ピッケンス氏は原油価格が50ドルを割ることは考えにくいと表明した。理由として「サウジアラビアを始めとするアラブ諸国は、50ドル以下の価格を受け入れることができないからである。最大の石油輸出国であるサウジアラビアやその他OPEC加盟国は、原油価格の下落を阻止するため、必要な場合には輸出制限を設けることが考えられる」ことを挙げた。

 11月4日までに、アメリカの原油在庫は市場予想の200万バレル増を遥かに超え、440万バレル増加、3億2360万バレルとなり7月1点xun_ネ来最高の在庫を記録した。

 中国語http://www.epochtimes.com.hk/5/11/11/11873.htm

 キーワード:
関連キーワード
^