中国当局、鳥インフルエンザ専門家の研究室を閉鎖

2005年12月16日 06時41分
 【大紀元日本12月16日】中国当局は14日、鳥インフルエンザ研究の第一人者、管軼助教授(香港大学微生物学科)の中国国内の研究室を閉鎖したと公表し、理由は「国の規定に反したため」と説明している。

中国農業部獣医局・賈幼陵局長は、今年上半期に三つの「高病原性ウイルス研究室」に対して処分を下し、鳥インフルエンザの関連研究の中止を命じ、中国汕頭大学にある管軼助教授の研究室も含まれている。

賈局長は「公共衛生を保障し、またテロリストに利用されないように、どの国でも同様な研究室は国の管轄下に運営されている」と今回の閉鎖理由を説明したが、関係者らは、管氏は度々中国政府鳥インフルエンザの発生状況を隠ぺいしたことを暴露したためと分析している。

 管軼助教授は、SARS及びH5N1鳥インフルエンザ研究の第一人者であり、世界的にその名が知られている。2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が大流行の際、伝染源は中国のハクビシンであると突き止め、流行の歯止めに重要な役割を果たした。今年7月、英科学誌「ネーチャー」で、中国青海省で発生した鳥インフルエンザは、世界に危険をもたらす恐れがあると警告し、中国南部から広がる可能性が高いと見ており、伝染の拡散状況を予測した。その後、中国当局は、全国9省26箇所で鳥インフルエンザ感染が確認されたと発表した。

米誌「タイム」は10月号で「鳥インフルエンザ・ハンター…管軼」と題する記事を掲載し、「管軼助教授は過去5年間に、研究チームと共に約10万個の禽鳥サンプルを集め、250種類以上のウイルス遺伝子を組み立て、鳥インフルエンザウイルスの拡散構図とウイルス変異の仕組みを突き止めた」と報じ、同誌に「人類を救った世界の英雄」の1人として選ばれた。

管軼助教授は以前、海外メディアの取材に応じた際、「中国本土に鳥インフルエンザウイルスのテストができる研究室が一つしかなく、中国政府は自らの利益のために、情報公開を拒み続けている。彼らは鳥インフルエンザ発生が暴かされることを政治体制の存続に対する脅威として受け止め、感染拡大に最善な努力を尽くしたと再三にアピールしてきた。しかし、多くの証拠によると、中国の多くの地区で鳥インフルエンザが発生したが、当局は公表していない」と暴露し、「中国での鳥インフルエンザ感染拡大は、政治体制が生み出した人災であり、中華民族は一部の害虫にむしばまれ、国民は最大の被害者である」と厳しく批判した。


関連キーワード

関連特集

^