中国人権と民主化促進ハンスト-・リレー、世界各地の支援者が陸続と参加

2006年02月14日 14時00分
 【大紀元日本2月14日】北京の人権弁護士高智晟と複数の民主活動家が発起した中国人権と民主化促進ためのハンスト-・リレー抗議活動はスタートしてから一週間、すでに中国国内外で大きな反応を呼び、今週から北米や、欧州、豪州、香港、台湾などの各国で応援活動が更に緊密に展開、現時点でハンスト・リレーのスケジュールはすでに今月の28日までに埋め込んでいる。日本でも全国の中国大使館・領事館前で、ハンスト活動が連日展開されている。

 ●豪州

 豪州のキャンベラで、中国工党の代表・方園氏は、豪州人権団体「自由中国」の劉氏と、2月12日豪州の中国大使館前で記者会見を開き、ハンスト-・リレーによる声援活動を参加すると表明した。

 方園氏は、「ハンスト-方式を通じ、正義を守り邪悪と闘争し、それに国内の人権弁護士と人権活動家らは、体を張って中共の暴政に抗議しているのに、中華民族の一員として、沈黙を保つべきではない。現在の状況においては、独立思考を推奨し、思想自由を勝ち取り、基本人権と生命価値を守ることが重責だ」と語った。

 また方園氏は、李淵氏が中共スパイに襲撃された事件について、「共産党はこのように道徳倫理を踏み躙り続けている、中華民族はこれ以上残害されるのを傍観してはならない」と自由世界にいる華人に対し、積極的にこの抗議活動に参加するよう呼びかけた。

 脱党運動について、「これは必然的な流れで、中国国民が根源から中共による思想コントロールから抜け出し、心の底から中共を軽蔑し、この悪党と決別する意欲の現れだ」と方園氏は見解を示した。

 ●ドイツ

 ドイツのミュンヘンでは、2月11日聖ミッシェル教会前の広場で、大紀元のボランティア支持者が「中共政権が李淵氏を襲撃する暴挙を譴責、国内のハンスト-・リレーに応え、800万人が脱党したことを声援する」と題する活動を展開した。ソロモン氏と張源氏が24時間のハンストを開始し、ドイツ全土では、楊露氏や、李萍氏、フェーガ氏、仲維光氏なども同時にハンスト-した。

 社会学者・仲維光氏は、「中共政権は独裁統治する数十年の間に、マフィア同然で手段を選ばずに国民を制圧してきた。最近ではこの状況は益々深刻となり、高弁護士の暗殺などを計らった。現在の中国において、表向きは物質生活がレベルアップしたが、統治する自信が失い始め、政権に異議を唱える人々を押さえきれなくなった」と明かし、「九評共産党(共産党についての九つの論評)」が発表されて以来、脱党ブームが引き起こされ、中共政権は脅え始めていると分析した。また同氏は、李淵氏は中共スパイに襲撃されたことについて、これは中共が焦っている証で、海外の人権活動家を脅迫するのに、すでに術を無くし、このような極端な手段を使うしかなくなったと語った。

 ベルギーでも大紀元時報のスタッフと正義者は2月9日夜から24時間交代のハンスト-・リレーを開始した。

 そのほか、北米や、欧州、豪州、香港、台湾などの各国で、国内を声援するハンスト-・リレーが展開され、スケジュールはすでに28日まで作られ、7日から13日までに世界各国で毎日計数十人の人が参加した。日本でも東京の中国大使館前で、同様な声援活動が毎日行われている。

関連キーワード

関連特集

^