印刷版   

6月6日、「5人目のビートルズ」ビリー・プレストンさんが59歳で死去。2004年10月撮影(2006年 ロイター/Gene Blevins)

「5人目のビートルズ」ビリー・プレストン、59歳で死去

ビートルズとのゆかりが深いことからしばしば「5人目のビートルズ」と呼ばれたキーボード奏者、ビリー・プレストンさんが6日、長い闘病生活の末、米アリゾナ州の病院で亡くなった。

 プレストンさんは昨年11月から腎不全などのため昏睡状態となっていた。葬儀はロサンゼルスで行われるという。

 プレストンさんは、まだ10代の頃に、リトル・リチャードやゴスペルの女王マヘリア・ジャクソン、ソウルの神様レイ・チャールズとの演奏を果たすなど、エンターテインメント界で長く活躍を続けてきた。

 大きなアフロヘアと隙間だらけの歯で笑う顔が印象的で、ファンキーな服装センスを持つことでも知られていた。

 ローリング・ストーンズのボーカル、ミック・ジャガーさんは「ビリーは才能のある素晴らしいミュージシャンだった。シンガーとしても一流で、レコーディングでもステージでも光っていた。とても寂しい」と述べた。

 また、英ポップスターのエルトン・ジョンさんは「彼には大きな刺激を受けた。史上最高のキーボード奏者の1人だ。ボーカリストとしてもなかなか良かった」とコメントを寄せた。(ロイター6日=ロサンゼルス) 

 (06/06/07 22:07)