印刷版   

6月10日、サッカーW杯日本代表の広報犬ロンメル君がピッチを視察(2006年 ロイター/Kimimasa Mayama)

W杯日本代表の広報犬ロンメル君、ピッチを視察

サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)日本代表の広報犬ロンメル君(ミニチュアダックスフント、オス)が10日、
 6月10日、サッカーW杯日本代表の広報犬ロンメル君がピッチを視察。うれしそうなジーコ監督(2006年 ロイター/Kimimasa Mayama)
日本チームのキャンプ地ボンの練習会場に姿を現した。

 ロンメル君は練習セッション開始前、芝の状態を確かめるようにピッチを散歩。ジーコ監督やMF中村俊輔に抱かれるなどしてご機嫌な様子だった。

 特にジーコ監督は、ロンメル君のドイツ入りを待つ間、お守りとして彼の写真を胸ポケットに忍ばせていたというだけに、ひときわうれしそうな笑顔を見せた。(ロイター10日=ボン) 

 (06/06/11 23:05)  





■関連文章
  • サッカー=W杯1次リーグ、アルゼンチンがコートジボワールに勝利(06/06/11)
  • 写真で見るワールドカップ開幕式(06/06/10)
  • サッカー=ワールドカップが開幕、ケーラー大統領が開会宣誓(06/06/10)
  • ドイツ公安当局、W杯で警戒態勢(06/06/07)
  • サッカー=日本代表DF加地、練習を再開(06/06/06)
  • ドイツのボン市長、ライン川へのサポーターの飛び込みを禁止(06/06/04)
  • 北朝鮮、ワールドカップ中継を韓国側に打診(06/06/03)
  • サッカー=チェルシー、ナイジェリア代表MFミケル獲得へ(06/06/03)
  • サッカー=親善試合、韓国がノルウェーとスコアレスドロー(06/06/02)
  • サッカーW杯:日本代表が地元開催国ドイツと親善試合、高原2ゴールするも引き分け(06/06/01)
  • W杯サッカー競技場、安全対策の欠陥、独・調査機関指摘(06/01/13)