印刷版   

7月24日、ライス米国務長官、レバノン停戦は緊急課題だが停戦は正しい条件で行われるべきとの見解示す。21日撮影(2006年 ロイター/Jason Reed)

レバノン停戦は緊急課題、停戦には条件も=米国務長官

 ライス米国務長官は23日遅くに記者団に対し、レバノン停戦は緊急課題だが、停戦は正しい条件で行われなくてはならないと述べた。

 戦火拡大の回避に向けて中東を訪問する同長官は、イスラム教シーア派民兵組織ヒズボラとイスラエルの戦闘が続くレバノンでの人道上の危機緩和も焦点だの見解を示した。

(ロイター7月24日=シャノン・アイルランド)

 (06/07/24 15:25)  





■関連文章
  • イスラエル、レバノン南部への侵攻部隊を拡大へ=軍ラジオ(06/07/23)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • 米大学教育年度報告:男子に追いついた米国人女子学生(06/06/22)
  • 中共の海外エネルギー戦略、第三諸国・対米路線に展開(06/01/28)
  • 米国:国際空港で鳥インフルエンザ対策(05/10/28)
  • 李登輝前総統:台湾は必ずしも独立する必要はない(05/10/23)
  • ブラジル:対中国の貿易制裁を検討(05/10/12)
  • 米政府、チベット難民の受け入れを検討(05/09/11)
  • 中国賄賂文化に汚染される米国企業、民主を犠牲に貿易促進(05/09/03)
  • ハリケーンで死者数千か、ニューオーリンズから市民撤退(05/09/01)
  • 「九評共産党」、米国で全国報道賞を受賞(05/08/20)
  • 中国の工作活動が活発、米国の先端技術を狙う(05/06/11)
  • アメリカ人:報道が偏っているが、信頼できる(05/05/11)