印刷版   

7月9日、バーンズ米国務次官(写真)は北朝鮮制裁決議案について採択に必要な票は確保していると述べた。3月撮影(2006年 ロイター/Chip East)

北朝鮮制裁決議案、採択に必要な票は確保=米国務次官

 バーンズ米国務次官(政治担当)は9日、北朝鮮のミサイル発射を受けて国連安全保障理事会に提出された北朝鮮制裁決議案について、採択に必要な票を確保している、との認識を示した。

 NBSの「ミート・ザ・プレス」に出演したバーンズ次官は、「決議案を採択するための票を確保していると考えている」と述べた。

 北朝鮮制裁決議案をめぐっては、拒否権を持つ安保理常任理事国の中国とロシアが反対の姿勢を示している。中国とロシアは、決議案採択で棄権する可能性があるが、中国は全会一致で採択できなければ、北朝鮮に与える効果が弱くなる、と指摘している。

 決議案の採択は10日にも行われる見通し。

 バーンズ次官は、別の番組で、中国が6カ国協議の首席代表である武大偉・外務次官を北朝鮮に派遣したことを前向きな兆候とし「中国が、北朝鮮に対して持つ影響力を行使するときだ」と語った。

 また、決議案で拒否権を行使するとの確証は中国側から得ていないと指摘。

 「中国から最終的な見解は聞いていないと考えている。中国がどう対応するかについて見極めたかどうか分からない。平壌で金正日・総書記から聞く話次第になるだろう」と述べた。

(ロイター7月9日=ワシントン)

 (06/07/10 09:03)  





■関連文章
  • 北朝鮮:ミサイル発射で、中共を窮地に(06/07/09)
  • 北朝鮮のミサイル発射、中共が黒幕(06/07/08)
  • 国連安保理で対北朝鮮決議案を協議、制裁には中ロが難色(06/07/07)
  • ミサイル発射受け国際社会は反北朝鮮で結束=米国務次官補(06/07/06)
  • 国連安保理が北朝鮮ミサイル発射で緊急協議、非難決議案を日本が策定(06/07/06)
  • 林保華:北朝鮮の後ろ盾・中共を摘発すべき(06/07/06)
  • 北朝鮮による7発目のミサイル発射、情報は受けている=首相(06/07/05)
  • 北朝鮮のミサイル開発中止・廃棄・輸出停止を求める=官房長官(06/07/05)
  • 北朝鮮のミサイル発射、国連安保理付託を検討=米国(06/07/05)
  • 北朝鮮がミサイル6発発射、別の2発準備=米政府高官(06/07/05)
  • 官房長官声明:北朝鮮ミサイル発射に対し、経済制裁など厳しい措置(06/07/05)
  • 6月の米国内自動車販売台数、ビッグスリーが減少しトヨタが急増(06/07/04)
  • 北朝鮮、米国から攻撃されれば核抑止力で「壊滅的攻撃」(06/07/04)
  • 北朝鮮は、米国に対する抑止力を強化する=朝鮮中央通信社(06/07/03)
  • 在留台湾人評論家:「中国経済は、展望がない自転車操業」(06/07/02)