印刷版   

ユーロ/円が150円台乗せ、ユーロ導入来最高値=東京外為市場

 夕方の東京外為市場で、ユーロ/円が150.07円まで上昇し、1999年のユーロ導入来の高値を更新した。

 外為市場では、25日発表の7月全国消費者物価指数(CPI)が事前予想を下回ったことから、日銀の利上げ見通しが後退したとして、円を売る動きが強まっている。「特に利上げ期待の強いユーロに対して仕掛け的な円売りが入りやすい」(外銀の為替関係者)という。

 [ロイター29日=東京]

 (06/08/29 17:54)  





■関連文章
  • 予想比弱めのCPI受けて円売り=東京外為市場(06/08/25)
  • ユーロ/円、ユーロ導入以来の最高値を更新=東京外為市場(06/08/10)
  • ユーロ圏インフレ率、当面2%上回る状況が続く=ECB専務理事(06/07/11)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • 6月ユーロ圏サービスPMIが6年ぶり高水準、インフレ圧力も(06/07/05)
  • 現在のユーロの対ドル相場は「妥当」=フランス貿易担当相(06/06/21)
  • ニューヨーク証券取引所、ユーロネクストと合併、世界最大の証券取引所が誕生(06/06/04)
  • 中国国家外為管理局、生保2社に対して外貨購入を認可(06/06/02)
  • 外為柔軟性向上、アジア諸国の一部でなお必要=IMF専務理事(06/05/25)
  • 中国の外貨準備高世界第一位に、日米の外為圧力必至か(06/04/02)
  • 独銀行:鳥インフル感染に関連、石油価格暴落を予測(06/03/22)
  • 測定器の違法輸出で、精密測定器メーカーを強制捜査(06/02/14)
  • 為替市場:米ドル下落傾向、円・ユーロ上昇勢い(06/01/10)
  • 人民元切り上げ、世界の市場反応(05/07/23)