印刷版   

 8月22日、EUは国連レバノン暫定軍(UNIFIL)への部隊派遣について協議するため、25日に緊急外相協議を行うと明らかに。写真は21日、UNIFILのフランス兵(2006年 ロイター/Zohra Bensemra)

EU、レバノンへの部隊派遣めぐり25日に緊急外相協議

 欧州連合(EU)は、国連レバノン暫定軍(UNIFIL)への部隊派遣について話し合うため、25日に緊急外相協議を行う。議長国のフィンランドが22日、声明で明らかにした。

 協議は、イタリアの要請によりブリュッセルで開かれるもので、アナン国連事務総長も出席する。

 イタリアは、1万5000人のUNIFILの主導を申し出ているほか、参加国としては最大規模の最高3000人の派遣を表明している。

 イタリアは、UNIFILに参加する欧州の部隊が合わせて最大8000人程度になるとみているが、主要な貢献をするとみられていたフランスが派遣規模を200人に縮小しており、他の諸国は任務の内容について懸念している。

 フィンランド外務省報道官は「協議は、部隊の派遣国と派遣規模を調整し、権限などについて話し合うことが目的」と述べた。


[ロイター22日=ブリュッセル]

 (06/08/23 11:40)  





■関連文章
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • 国連事務総長、イスラエルとレバノンに顧問と特使を派遣(06/08/17)
  • レバノン軍などの南部展開は2週間以内に=イスラエル副首相(06/08/17)
  • レバノン政府、同国南部での軍隊配置計画を承認(06/08/17)
  • レバノン攻撃で目的を達成=イスラエル副首相(06/08/16)
  • イスラエル軍がレバノン南部から撤退開始、レバノン軍展開へ(06/08/16)
  • 停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射(06/08/14)
  • 国連安保理、レバノン停戦決議を全会一致で採択(06/08/14)
  • イスラエルとレバノン、14日停戦で合意(06/08/13)
  • 中国官製メディアの中東戦争報道から見る「中共のテロ支援」(06/08/12)
  • イスラエルがレバノン地上戦拡大を決定、ヒズボラは反撃強化へ(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=9日現在(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=8日現在(06/08/08)
  • レバノン停戦決議案、安保理による早期採択を望む=ブッシュ米大統領(06/08/08)
  • レバノン停戦決議案、安保理採択は8日以降に=外交筋(06/08/07)