印刷版   

 8月10日、米政府関係者は英警察により阻止された航空機爆破計画は米航空3社が標的だったと述べた。写真はヒースロー空港の管制塔付近で待機する飛行機(2006年 ロイター/Toby Melville)

航空機爆破計画、米航空3社が標的=政府関係者

 米政府関係者は10日、英警察により阻止された航空機爆破計画について、標的となった航空機が英国から米国に向かうユナイテッド航空、コンチネンタル航空、アメリカン航空だったと述べた。

 米情報機関関係者によると、高性能の液状もしくはジェル状の爆発物が機内に持ち込まれる計画だったとみられている。また、時計やラップトップもしくは計算機などに搭載されている電池が起爆装置とみられている。


(ロイター8月10日=ワシントン)

 (06/08/11 07:56)  





■関連文章
  • 英国結ぶ路線で欠航相次ぐ、英警戒レベル引き上げで=欧州(06/08/10)
  • 英国、攻撃が迫っているとして警戒レベルを最高に引き上げ(06/08/10)
  • 英BPのアラスカ州油田、来年1月までにフル稼働状態に戻る見通し=EIA(06/08/09)
  • 米原油先物が上昇、BPの米油田一時操業停止で(06/08/07)
  • 英中銀が2年ぶりに利上げ、インフレが当面目標上回ると予想(06/08/04)
  • イラク各地の爆弾・銃撃で61人死亡、うち兵士が26人以上(06/08/02)
  • アムネスティ・インタナショナル、ネット大手3社相手に全世界で抗議活動展開(06/08/01)
  • カナダ政治家、英議会で中国臓器狩りを非難(06/07/20)
  • 英機密文書:冷戦時代、中共の香港侵攻に対する核報復を検討(06/07/03)
  • 英国医学界:死刑囚の臓器売買で、中共非難(06/04/24)
  • スコットランド、死亡した白鳥からH5型ウイルスを検出(06/04/08)
  • 大英図書館の10万冊の蔵書をネット図書館に(06/03/14)
  • 英国:鳥インフル感染予防、タマゴや鶏肉をしっかりと加熱(06/03/02)
  • 英国最大金額強盗事件、9歳男児が英雄(06/03/02)
  • ロシア当局、人権組織の取締を法廷に要求(06/01/30)