印刷版   

9月6日、米高級住宅建設大手トール・ブラザーズのロバート・トール会長は、米住宅セクターの減速は数年間続く可能性がある、との見方を示した。6月撮影(2006年 ロイター/Brendan McDermid)

米高級住宅建設大手、住宅市場減速が長期化する可能性を指摘

 米高級住宅建設大手トール・ブラザーズのロバート・トール会長兼最高経営責任者(CEO)は6日、ロイターとのインタビューで、米住宅セクターの減速は数年間続く可能性がある、との見方を示した。住宅供給が過剰になっていることに加え、米政府の外交政策や連邦政府の対応能力に対する懸念で消費者信頼感が低下しているためという。

 トール会長は、現在みられる住宅価格の下落や販売戸数の減少について、一部アナリストが予想する「ソフトランディング」よりも深刻と指摘。価格回復に3年以上要した1980年代終盤を思い起こさせる状況だと述べた。

 トール会長はロイターに「これはソフトランディングではなく、それ以上に深刻だ」と言明。ただ「崩壊(crashing)しつつあるわけではない」とも述べている。

 会長は、テロリズム、イラク戦争、ハリケーン「カトリーナ」への政府の対応をめぐる懸念が、住宅の需要や消費者の信頼感全般を冷やしている状況だと主張した。

 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が発表した8月の消費者信頼感指数は99.6と今年最も低い水準に落ち込んだ。

 トール会長は、米国は洪水への備えが十分でなかったとし、さらに、イラク関連で続く悪いニュースが追い討ちをかけており、それが米国消費者心理に影響を及ぼしている、との認識を示した。

 トール・ブラザーズの第3・四半期(5―7月)決算は、供給過剰を背景とする価格下落や住宅購入意欲の減退を背景に19%の減益となった。

 トール会長は、住宅市場が回復する時期の予想を示すのは控えたが、回復局面を迎えれば、景気拡大や移民流入を背景とする累積需要によって、減速局面と同じように急ピッチで持ち直すだろう、と述べた。

 会長は、米経済は好調との認識を示し、いまの住宅市場減速は、金利や失業率といったこれまで住宅需要の減退をもたらしていたマクロ要因では説明できない特異なケースと指摘した。

 トール・ブラザーズでは、2006年10月期(05年11月─06年10月)の純利益を7億2500万─7億6500万ドルと、前年度の8億0600万ドルを下回ると予想。

 また来年については、建設戸数が7000─8000戸、平均価格は63万5000─64万5000ドルと予想し、今年の見込み(建設戸数8600─8900戸、平均価格68万5000─69万ドル)を下回るとみている。

[ワシントン 6日 ロイター]

 (06/09/07 09:55)  





■関連文章
  • 米中、北朝鮮の核実験への警告について協議=ヒル国務次官補(06/09/06)
  • ブッシュ米大統領、運輸長官にピータース氏を指名(06/09/06)
  • 米インテルが1万0500人削減を発表(06/09/06)
  • 6カ国協議、北朝鮮復帰の兆候なし=ヒル米国務次官補(06/09/05)
  • 中国経済がハードランディングする可能性排除できず=米FRB議長(06/09/04)
  • 気功集団・中功創始者、米国で交通事故死(06/09/03)
  • 米投資家ウォーレン・バフェット氏、76歳の誕生日に再婚(06/09/01)
  • 男女比アンバランスが社会不安を招く=米科学アカデミー(06/08/31)
  • イラン制裁めぐる協議を来週開始=米国務省報道官(06/08/31)
  • 女性初の民間宇宙旅行者にイラン系米国人実業家(06/08/28)
  • 米国、対テロ先制攻撃に核弾頭搭載しないICBMの使用検討(06/08/28)
  • 中国の「対北シナリオ」 5態(06/08/27)
  • 米大学生、24時間2分の新記録でNY地下鉄の全駅制覇(06/08/26)
  • 遺伝子組み替え米混入問題、懸念払しょくに努力=米農務長官(06/08/24)
  • ガザで拉致の米TVジャーナリスト、犯行グループが映像公開(06/08/24)