印刷版   


アカデミー賞女優のウィザースプーン、7年の結婚生活にピリオド

 アカデミー賞女優のリース・ウィザースプーン(30)と、現在公開中の「父親たちの星条旗(邦題)」に出演している米男優ライアン・フィリップ(32)の夫妻が破局したことが30日に分かった。

 各自の広報担当が共同声明を出し、7年以上の結婚生活を送ってきた2人が離婚を決意したと発表。まだ婚姻状態は続いているので、今後、2人のプライバシーと子供の安全を配慮して欲しいとマスコミに訴えた。

 しかし、芸能セレブ専門のニュースサイトTMZ.comによれば、ウィザースプーンはジェニファー・アニストンやリサ・マリー・プレスリーの離婚裁判を担当した弁護士に連絡を取ったと報道。さらに、匿名の情報として、今回の破局の理由は、何か特別な事柄が引き金となった訳ではなく、これまでの積み重ねだったとした。

 ウィザースプーンの21歳の誕生日パーティーで出会った2人は、1999年公開の映画「クルーエル・インテンションズ」で共演し、同年6月に結婚。7歳の娘アバちゃんと3歳の息子ディーコン君がいる。

 [ロサンゼルス 30日 ロイター]

 (06/10/31 14:03)  





■関連文章
  • 日系米国人俳優のマコ岩松さん死去、72歳(06/07/26)