印刷版   


ユーロ高、2007年の欧州企業の利益圧迫も=S&P

 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は30日、ドル下落が続けば2007年の欧州上位企業の利益を4.4%程度押し下げる要因になる可能性があるとするリポートを出した。医療、自動車、小売りの各セクターが最も影響を受けやすいとしている。

 S&Pは、公益事業、金融、ハイテク、通信の各セクターはユーロ高の打撃を受けにくいとも指摘した。

 S&Pの株式調査チームは、2006年のユーロ/ドル相場の平均を1.26ドル、07年について1.37ドルと予想しているが、07年平均が1.45ドルになる最悪のシナリオも排除していない。

 S&Pのストラテジストは「最悪のケースになった場合、07年の利益の伸び率を9.0%とする現在の予想に多大な影響を及ぼす恐れがある」と指摘した。

 07年のユーロの平均相場が1.45ドルになると、医療関連セクターの1株当たり利益(EPS)が6.6%減少する恐れがある。一方、公益事業セクターのEPSは0.7%しか圧縮されない見通しという。

 [パリ 30日 ロイター]

 (06/12/01 10:13)  





■関連文章
  • NYSE、ユーロネクスト買収提示額引き上げを示唆(06/11/01)
  • ユーロ/円が上昇、ユーロ導入来の高値=東京外為市場(06/10/27)
  • ユーロは十分評価された水準にある=仏経済財務産業相(06/09/01)
  • ユーロ圏金融市場はECBの10月利上げを確実視(06/08/31)
  • ユーロ/円が150円台乗せ、ユーロ導入来最高値=東京外為市場(06/08/29)
  • ユーロ/円、ユーロ導入以来の最高値を更新=東京外為市場(06/08/10)
  • ユーロ圏インフレ率、当面2%上回る状況が続く=ECB専務理事(06/07/11)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • 6月ユーロ圏サービスPMIが6年ぶり高水準、インフレ圧力も(06/07/05)
  • 現在のユーロの対ドル相場は「妥当」=フランス貿易担当相(06/06/21)
  • ニューヨーク証券取引所、ユーロネクストと合併、世界最大の証券取引所が誕生(06/06/04)
  • 為替市場:米ドル下落傾向、円・ユーロ上昇勢い(06/01/10)