印刷版   


フィジーのクーデター、軍が軟禁していた首相を公邸から移送

 軍による無血クーデターによって強制退陣に追い込まれたフィジーのガラセ首相は6日未明、夫人とともに首都スバの首相公邸から生まれ故郷のバヌアバラブ島へ移送された。政府および空港関係者がロイターに語った。

 フィジーでのクーデターはここ20年間で4度目。

 フィジー軍は5日、ガラセ首相の公邸を包囲。その後バイニマラマ軍司令官が全権を掌握したと発表、首相代行を指名していた。

 [スバ 6日 ロイター]

 (06/12/06 11:44)  





■関連文章
  • フィジー、軍部隊がガラセ首相公邸を包囲(06/12/05)
  • タクシン前タイ首相、中国滞在中、帰国のタイミングを探る(06/11/05)
  • タクシン前首相、現在中国に滞在=タイ国家治安評議会議長(06/11/02)
  • タイ暫定政府、戒厳令解除に向け軍との協議を模索(06/10/11)
  • タイのタクシン前首相、旧与党の党首を辞任(06/10/04)
  • タイのスラユット暫定首相、1週間以内に組閣へ(06/10/02)
  • タイ国軍、政党の会合と政治活動を禁止(06/09/22)
  • 軍事クーデターのタイで、市民生活が平常の状態に戻る(06/09/21)
  • 米政府、タイに民主主義の早期回復を促す(06/09/21)
  • タクシン首相がロンドンに到着、滞在期間は不明(06/09/21)
  • クーデターのタイ、街角では女性が兵士に花贈る姿も(06/09/21)
  • タイ経済とバーツは、軍事クーデター後も安定している=中銀総裁(06/09/21)
  • 2週間以内に新首相を選出したい=タイ陸軍司令官(06/09/20)
  • タイ軍、チャチャイ副首相の身柄を拘束(06/09/20)
  • タイ、軍の統制は一時的なもの=ソンティ陸軍司令官(06/09/20)