印刷版   

IMF、07年の世界経済成長率予測を下方修正へ=第1副専務理事

 国際通貨基金(IMF)のジョン・リプスキー第1副専務理事は5日、IMFが2007年の世界経済予測を下方修正する予定としたうえで、見通しは依然として健全な水準だとの見解を示した。パリで記者団に対し語った。

 IMFは9月、世界経済成長率について06年は5.1%、07年は4.9%となるとの見通しを示していた。いずれも長期的な平均を上回る水準。

 リプスキー第1副専務理事は、修正は小幅にとどまるとしている。

 また、07年は米経済が軟化する一方で、欧州とアジアの新興国が世界経済のけん引役として台頭する大きな変化が予想されると指摘。「来年は世界経済にとって重要な変化の年になる。世界経済の根本的なけん引役は変わりつつあり、変わっていくだろう。政策担当者は、大きな構造変化という点で、この良好な環境を確実に維持するよう注意が必要となるだろう」と述べた。

[パリ 5日 ロイター]

 (06/12/06 08:25)  





■関連文章
  • 日本経済拡大続く、07年実質成長率は下方修正=OECD(06/11/29)
  • 中国の外貨準備が1兆ドルに到達=国営テレビ(06/11/07)
  • 世界経済は成長続けるがペースやや鈍化へ=OECD事務総長(06/10/05)
  • 今週の東京株式市場は弱含み、需給悪を意識で上値重く(06/09/25)
  • アルゼンチン経済に過熱の兆候=IMF専務理事(06/09/15)
  • 金価格は年内に700ドルまで上昇、ドル下落や中東情勢不安で=コンサル会社報告(06/09/15)
  • IMF、中南米地域の経済成長率見通しを引き上げ(06/09/14)
  • 世界経済成長は07年も堅調、各国中銀はインフレ圧力注視すべき=ECB総裁(06/09/12)
  • 中国経済成長は鈍化の見通し、流動性吸収を進める方針=人民銀行総裁(06/09/11)
  • 世界経済、4月以降下方リスク高まっている=IMF専務理事(06/09/09)
  • 外需減速で民間エコノミストは先行き懸念、強気の日銀とかい離(06/09/01)
  • 米国債投資家、弱気派の割合が増加=JPモルガン週間調査(06/08/23)
  • イラン核問題とFRB議長講演に注目=今週の米株市場(06/08/21)
  • 高金利・石油価格高でインド経済減速の可能性=世銀(06/07/27)
  • 世界の石油需要、中国・インドの伸びで加速=IEA中期見通し(06/07/13)