印刷版   

1月8日、尾身財務相は、個人的には日本はデフレ状態にはないと考えている、と述べた(2007年 ロイター/Kevin Lamarque)

個人的には日本はデフレ状態にはないと考えている=尾身財務相

 訪米中の尾身財務相は8日、タイトな労働市場を背景に日本の国内消費は上向くだろうとの見方を示したうえで、公式発表はないが、個人的には日本はもはやデフレ状態にはないと考えている、と述べた。

 ワシントンの戦略・国際問題研究センター(CSIS)での講演後、質疑応答で同相は、「失業率が現在4%となっているほか、国内労働市場の需給バランスが非常にタイトになっているなど、状況が改善していることから、最終的にはこれが賃金の上昇につながり、消費が着実に伸びると予想している」と述べた。

 さらに、「個人的には、日本はデフレ状態にないと考えている」と述べたが、テクニカルな定義があるため、政府はデフレ状態を脱したとの発表は行っていないと指摘した。

[ワシントン 8日 ロイター]

 (07/01/09 09:27)  





■関連文章
  • 円上昇のカギはデフレ脱却=OECDチーフエコノミスト(07/01/05)
  • 未払い賃金求める工員1000人、警察数百人が弾圧=中国浙江省杭州市(06/12/26)
  • 世界銀行:中国国内消費の促進を呼びかける(06/11/23)
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • デフレ脱却判断、もうしばらく様子見たい=大田経済財政相(06/09/29)
  • 自民合同会議が貸金業法改正を議論(06/09/07)
  • オーストラリアの低失業率、利上げの理由にならず=豪首相(06/08/10)
  • 上海、9月から最低賃金を8.7%引き上げ(06/08/08)
  • デフレ脱却と言わないまでも、脱却の兆し出てきた=小泉首相(06/07/29)
  • 6月完全失業率は4.2%に上昇、女性の新規求職増で(06/07/28)
  • 現代中国経済に見られる「四つの怪奇現象」(06/07/21)
  • 与謝野担当相:デフレ脱却、もうしばらく様子を見て判断する(06/07/20)
  • 07年度の国債発行、30兆円以下に抑える努力の継続必要=官房長官(06/07/14)
  • 豪失業率は予想以上の低水準で推移=財務相(06/07/13)
  • デフレの状況よく見極め日銀が判断するだけ=ゼロ金利解除で首相(06/07/05)