印刷版   

解放された英兵15人が英国に帰国へ=航空会社関係者

 ブリティッシュ・メディテラニアン・エアウェイズの関係者によると、イランによって拘束されたのち解放された英海軍兵士ら15人は、5日のGMT0430(日本時間午後1時半)のフライトで同国を出国し、英国に帰国する。

 15人が同フライトに搭乗するのかとの質問に同関係者は「その通りだ。全員が搭乗する」と答えた。

[テヘラン 5日 ロイター]

 (07/04/05 14:05)  





■関連文章
  • 英兵15人を「恩赦」解放する=イラン大統領(07/04/05)
  • 英政府、英兵拘束問題解決に向けイランに直接対話を提案(07/04/04)
  • イランによる英兵拘束問題、解決に向け今後48時間が重要=英首相(07/04/04)
  • 元FBI捜査官がイランで行方不明、米国が調査要請(07/04/03)
  • イラン大統領、英政府に謝罪要求=通信社(07/04/01)
  • 国連安保理、イランの英兵拘束問題で「早期解決求める」声明発表(07/03/30)
  • イランが女性兵士解放を延期、英国は国際的な支持求める(07/03/30)
  • 解放軍を掌握できない北京政府=米国防情報紙(07/03/30)
  • イランが英兵の映像放映、英国はイランとの公的接触を凍結(07/03/29)
  • イランに拿捕された英兵のボート、イラク領海内にいた記録=英国防省(07/03/29)
  • イランが英兵士解放しなければ「別の段階」に進む=ブレア首相(07/03/28)
  • 米海軍、イラン軍がペルシャ湾で米艦艇に発砲とのうわさを否定(07/03/28)
  • 金現物が上昇、イラン核問題めぐる緊張の高まりで(07/03/26)
  • 国連安保理、対イラン追加制裁決議案を採択(07/03/25)
  • 主要6カ国、イランへの追加制裁決議案で正式合意(07/03/16)