印刷版   

 5月5日、北京の動物園ではパンダの展示時間が延長されていることが明らかに。写真のパンダは四川省臥竜にあるパンダ保護研究センターで3月撮影(2007年 ロイター/China Daily)

中国の労働節連休、動物園のパンダは残業

 中国の労働節連休で行楽シーズンを迎えている北京の動物園では、殺到する観光客のためにパンダたちが時間外労働を行っている。新華社が5日に伝えた。

 労働節の連休中、一日当たり10万人の観光客を見込む同動物園では、パンダの展示時間が30分延長されている。

 気温30度を超す天候の中、動物園は通常の4倍の人員を配置し、観光客の対応や動物の世話に当っている。

[北京 5日 ロイター]

 (07/05/06 19:23)  





■関連文章
  • 中国のジャイアントパンダがジャンボな出産(06/08/08)
  • 中国:野生のパンダ頭数、従来推定値の2倍強と判明(06/06/23)
  • ウォールストリート・ジャーナル紙:北京当局の外交策略、「トロイのパンダ」(06/04/06)
  • 中共のパンダ贈呈、台湾、受け入れ消極的(06/01/11)
  • 中国:大型連休による四大災難(05/10/16)
  • 写真報道:パンダが四川省の街頭で現れ(05/07/18)
  • 四千年前、パンダを副葬、中国で初発見(05/02/28)