印刷版   

ベネズエラ、別の反政府系TV局にも圧力

 ベネズエラは28日、反政府的とされる民放テレビ局RCTVを閉鎖し、その数時間後にはニュース専門のテレビ局であるグロボビジョンについて、チャベス大統領の暗殺を扇動しているとして検察による同局の調査を求めた。

 チャベス大統領は、27日深夜でRCTVの放送を中止し、自身が掲げる社会主義革命を推進する政府系チャンネルと置き換えた。

 RCTV閉鎖の勢いに乗じ、ララ通信・情報相は、グロボビジョンがチャベス大統領の暗殺を扇動しているとして、検察当局にグロボビジョンの調査を求めた。

[カラカス 28日 ロイター]

 (07/05/29 10:04)  





■関連文章
  • ベネズエラ国会、チャベス大統領の権限強化法案を可決(07/02/01)
  • ベネズエラ、国内投資向けに中国と60億ドルの基金創設で合意(06/11/06)
  • エクアドル大統領選の左派候補、ベネズエラ大統領との連携をアピール(06/10/05)
  • カストロ議長は回復中、指示など与える=ベネズエラ大統領(06/09/04)
  • ベネズエラ、対中石油輸出拡大を期待=大統領(06/08/25)
  • スパイ疑惑のフェニックス・テレビ局上層部、家族も起訴へ(06/06/10)
  • 大陸ネット封鎖の突破について(06/05/12)
  • 写真報道:「全世界華人新年芸術祭」パリ最終公演、喝采の中で閉幕(06/02/28)