5月13日(日)横浜で「世界法輪大法デー祝賀祭」

2007年05月05日 12時17分
 5月13日は、法輪功の創始者・李洪志氏が法輪功(法輪大法)を伝授してから今年で15周年を迎える。法輪功は、「真・善・忍」を根本にして修煉する中国伝統の気功。簡単な五つの功法はすぐに覚えられることから、中国ではかつて1億人が愛好し、中国人のみならず世界中の人々に愛好されている。

 全世界に広がる法輪功の愛好者らは、この日を「世界法輪大法の日」として、毎年祝賀イベントを開いており、今年は横浜のクイーンズスクエア横浜のクイーンズパーク野外ステージで、中国伝統文化を伝える歌と踊りを上演するほか、蓮の花の折り紙コーナー、法輪功の五式の功法紹介など、盛りだくさんのプログラムを行う。問い合わせは、王剣峰(080-6690-0513)まで。

 ◆主催者 世界法輪大法デー祝賀祭実行委員会
 ◆場所  クイーンズスクエア横浜 クイーンズパーク
 ◆交通  JR桜木町駅徒歩5分、みなとみらい線みなとみらい駅徒歩0分

 ●ステージ演目時間(毎回約90分)

 一回目11:00~
 二回目13:15~ 
 三回目15:00~
 四回目17:00~ 

 ●主なプログラム

 (中国古典舞踊)大唐の神韻・千手観音・花仙女

 (中国民族舞踊)扇子舞・迎春

 (楽器)二胡など

 (歌)「天安門広場よ教えてください」など

 健康気功実演&解説

 ●出演者プロフィール

 唐韻芸術団は法輪功学習者によって結成されたグループで、彼女たちの作品は古代日本が模範とした唐文化の神韻を思い起こし創作されたものが多くあります。神韻と内涵を重んじ、舞踊や歌を通じて正しく、純粋で、向上的な、善の精神世界を表現し、日中文化交流の原点に迫ります。

 (過去の出演歴)

 世界愛知万博・東京マラソン2007・ヨコハマワールドフェスティバル他多数


 注:荒天時中止、演目や出演時間は変更する場合もあります。
^