印刷版   

喫煙は精子を損傷、子孫のDNAに悪影響も=カナダ研究

 喫煙によって精子が損傷を受ける可能性があり、遺伝子を通じて子供へも悪影響があるという研究結果が報告された。カナダ保健省の研究者が今週発行の学術誌「Cancer Research」で発表した。

 マウスを使って実験を行った同研究によると、たばこの煙が精子の細胞のDNAに変異を起こすことが分かったという。こういった突然変異は、遺伝情報に永久的な変化をもたらすとされている。

 同研究の責任者で、保健省の環境職業毒性学担当のキャロル・ヨーク氏は、「これらの変異が遺伝したら、子孫の遺伝的構成物の中に不可逆変化として存続します」と指摘。「母親の喫煙が胎児に悪影響することは周知のことですが、父親による喫煙の方も、それが母親と出会う前であれ、子供に悪影響を与える可能性が示されました」と述べた。

[ワシントン 2日 ロイター]

 (07/06/04 10:26)  





■関連文章
  • 中国の受動喫煙による死者、年間10万人(07/05/30)
  • 喫煙は全身の皮膚を老化させる(07/04/17)
  • あなたの寿命「計算」します=ウェブサイト(07/03/07)
  • 日米研究チーム、BSEにならない牛を開発(07/01/04)
  • 蛍光緑に光るブタ、中国で順調に成長(06/12/31)
  • 香港製・漢方薬「ワニの乾し肉」、約9割が偽造品(06/12/04)
  • 中国の「ニコチン中毒者」3億5000万人、経済コストは2500億元(訂正記事)(06/12/02)
  • 焦国標氏:「金正日政権は中共の子宮内の奇形胎児」(06/11/02)
  • 米6州のコメ農家、GM米混入でバイエル・クロップサイエンスを提訴(06/08/29)
  • 遺伝子組み替え米混入問題、懸念払しょくに努力=米農務長官(06/08/24)
  • 米国女性芸術家、「特級ドナー」の精子を無償寄付(06/06/30)
  • 中国:野生のパンダ頭数、従来推定値の2倍強と判明(06/06/23)
  • 大紀元読者投稿「大陸の人体臓器売買: その実態と内幕」(06/04/27)
  • 中国:双子出生率、急上昇、人工妊娠で「一人っ子政策」逃れ(06/02/24)
  • 妊婦の喫煙、子供の異常行動に関連(05/08/07)