不安定な中国株式市場、アジア経済に影響及ぼす可能性=渡辺財務官

2007年06月01日 01時31分
 渡辺博史財務官は31日、中国株式市場の不安定な動きは、中国経済を広範囲にわたって若干減速させ、日本を含むアジア近隣諸国の経済に間接的な影響を及ぼす可能性がある、との認識を示した。

 CNBCテレビに語った。

 渡辺財務官は「中国経済が株式市場からの変動によって減速するなら、韓国や台湾、香港、さらに一部の東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など周辺地域にマイナスの影響をもたらす可能性がある」と述べた。

 さらに「そうなれば、間接的な影響が日本経済の将来に及ぶことが考えられる」と述べた。ただ日本経済については「非常にしっかりした回復軌道に乗っている」との見解を示した。

 日本の経済成長見通しについては「1.5%から2%の間の潜在成長率を示す基礎的データがある。つまり、2.4%の成長は、潜在成長率をやや上回っているということだ」と述べた。

 日本の1─3月期の国内総生産(GDP)伸び率は前期比0.6%で、予想の0.7%をやや下回った。年率では2.4%で、9期連続のプラス成長となる。ただ、10─12月期の5.0%(改定値)は下回った。[ST GALLEN(スイス) 31日 ロイター]

関連キーワード
^