印刷版   

米FDA、安全性確認まで一部の中国産養殖魚介類の輸入停止

 米食品医薬品局(FDA)は28日、中国産の一部の養殖魚介類について、有害物質を含んでいないことを輸入業者が証明するまでは、輸入を認可しないとの方針を示した。FDAは、これらの魚介類に含まれる物質の量が低水準なため、ただちに人体に影響が出る恐れはない、としつつも、長期間にわたって消費すれば、健康に深刻な被害が及ぶ可能性もあるとの認識を示している。

 FDAのマーガレット・ガルビン薬事規制担当官は「問題の是正に向け中国当局と協議しているにもかかわらず、米国では養殖魚介類に使用が認められていない薬や添加物が引き続き検出されている」と述べた。

 FDAは、ナマズ、バサ(ナマズの一種)、エビ、デイス(コイ科の淡水魚)、ウナギの5種類の養殖魚介類について、米国の安全基準を順守していることを輸入元が確認するまでは、中国からの輸入を認可しないという。

[ワシントン 28日 ロイター]

 (07/06/29 16:20)  





■関連文章
  • 豪州税関、中国からの武器密輸大量摘発(07/06/29)
  • 中国オンラインゲーム市場、07年は35%拡大へ(07/06/28)
  • 世界経済は予想以上のペースで拡大=IMF(07/06/27)
  • 中国でヒョウタン形のカメ、遺伝子突然変異が原因か(07/06/26)
  • さらなる利上げの可能性、除外しない=人民銀行総裁(07/06/25)
  • 北朝鮮、3週間以内に核施設の稼動停止へ=米国務次官補(07/06/23)
  • 中国:780万人が統合失調症、精神病の社会負担がトップに(07/06/23)
  • 中国で暴行・生き埋め事件、被害少女6日ぶり救出(07/06/22)
  • パナマ:中国製有毒シロップで被害拡大(07/06/22)
  • 米グーグル、中国でコンテンツ提供の予備ライセンス取得(07/06/21)
  • 米国:中国製玩具150万個自主回収、中国は3C認証で対応(07/06/21)
  • 中国のパイロット、9割超が英語力の国際基準満たさず(07/06/21)
  • 中国石油天然ガス、上海市場で最大57億米ドルのA株発行へ(07/06/20)
  • EU:中国からの犬・猫毛皮、全面輸入禁止法案成立(07/06/20)
  • IMF、為替政策の監視基準を強化(07/06/19)