印刷版   

ラファエロの絵、英オークションでの落札額は46億円

 イタリアの16世紀ルネサンス期を代表する画家ラファエロの作品が5日、競売大手クリスティーズが当地で行ったオークションで、1850万ポンド(約46億円)で落札された。落札者は一般の収集家。

 同オークション史上最高額で落札されたこの絵は、フィレンツェで当時隆盛を極めたロレンツォ・デ・メディチ(1513─1519年)の肖像画。

 クリスティーズによると、同肖像画は競売に出品されたルネサンス期の作品としては非常に貴重なもので、ラファエロの作品としても過去数十年で最も価値あるものだという。

[ロンドン 5日 ロイター]

 (07/07/06 14:10)  





■関連文章
  • ナポレオンが恋人にあてた手紙、6800万円で落札(07/07/04)
  • イタリアのデザイナー、G・フェレ氏が危篤(07/06/17)
  • 中国の墨の由来(07/06/16)
  • モスクワ、地下鉄移動画廊が出現(07/06/12)
  • オークションサイトに、天安門鎮圧記念時計が出品(07/06/06)
  • モーリス・センダックさく「まよなかの だいどころ」(07/05/26)
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「受胎告知」が東京に到着(07/03/17)
  • 伊警察当局:50万丁の戦闘用小銃など、中国製武器の密輸摘発(07/02/18)
  • 「永遠の抱擁」、5000年前の男女か=イタリア発掘調査(07/02/07)
  • 07年の世界平均気温、観測史上最高となる見通し=英気象庁(07/01/04)
  • 世界最大手ネット・オークションのイーベイ、中国のサイトを閉鎖(06/12/23)
  • オークション最大のハート型ダイヤ、3億8000万円で落札(06/11/19)
  • 北京で初の伝統住居オークション、落札なし(06/10/18)
  • 10歳の伊少年がメッシーナ海峡を泳いで横断、最年少記録(06/10/16)
  • イタリア当局、政治家の薬物使用暴露番組の放送差し止め(06/10/12)