中国地下教会指導者釈放、人身の自由は未だ制限

2007年09月19日 10時11分
 【大紀元日本9月19日】中国地下教会(家庭教会)の指導者・蔡卓華氏がこのほど、3年の刑期を終え釈放されたが、出獄した後の人身の自由は依然制限されている。

 米国対中国援助協会の情報によると、「不法経営罪」で投獄された北京家庭教会の指導者・蔡卓華氏が釈放されたが、人身自由の制限は解除せずのままであるという。

 蔡氏は2004年9月11日に当局に逮捕され。「聖書」を20万部の違法印刷という理由で起訴された。今月10日に3年の刑期を終え釈放されたが、人身の自由はまだ制限されている。

 蔡氏の母親によると、蔡氏は帰宅後、精神面は安定状況で良好だが、刑務所にいる間、オリンピック用のサッカーボールを作る作業を強制され、過酷な労働状況で体重は10キロも減った。

 帰宅後は、さらに当地の警察に呼ばれ、厳重警告された、月一回の報告と無断外出しないことを強要された。

 中国では、「聖書」は違法出版物ではないが、南京の愛徳基金会出版社以外の印刷・発行は禁じられている。

 中国では、中国共産党が許可する教会でしか礼拝は許されない、しかし、多くの信者は蔡氏が主宰するような家庭教会での礼拝を好むという。

 2005年11月8日に北京市海淀区人民法院は「不法経営罪」という名目で、蔡卓華氏に有期懲役3年、罰金15万人民元の判決を下した。蔡氏の妻・肖雲飛さんは同罪で2年有期懲役を言い渡され、罰金は12万人民元を課された。

 蔡氏の倉庫にあった「聖書」などの出版物約23万点はすべて没収されたという。

 
(翻訳/編集・侍傑)


関連キーワード
^